コーヒーは肝臓の味方 ポリフェノールで年末年始・忘年会シーズンの健康を

コーヒーは肝臓の味方 ポリフェノールで年末年始・忘年会シーズンの健康を
拡大する(全2枚)

年末年始は何かと不摂生になりがちで、新型コロナウィルス流行中だけに体調には気をつけたいところ。そんな健康のヒントを探すべく、ネスレ日本によるメディア向けオンラインセミナー「なぜなに!?コーヒーパワー”ポリフェノールの基礎編”」に参加した。

同セミナーのポイントはポリフェノールの健康効果だ。これは植物が自然環境から身を守る生体防御や、種の保存に必要な成分で、野菜や果物など多くの植物に含まれている。そしてこのポリフェノールを食生活に取り入れることで、健康に悪影響をもたらす活性酸素の働きを抑制できるという。

コーヒーやフルボディの赤ワインが活性酸素を抑える

コーヒーは肝臓の味方 ポリフェノールで年末年始・忘年会シーズ...の画像はこちら >>

講師をつとめたお茶の水女子大学名誉教授で、日本ポリフェノール学会理事の近藤和雄氏によれば、動脈硬化による疾患はポリフェノールで抑えられる可能性を指摘。動脈硬化は、血管内の悪玉コレステロールが活性酸素により酸化し、酸化悪玉コレステロールに変化して引き起こす。つまり活性酸素を抑制し、悪玉コレステロールの酸化を防げば、予防につながるというわけだ。

この活性酸素を抑えるのがポリフェノールだ。手軽に摂取できる食品としては、コーヒーやフルボディの赤ワインが挙げられ、近藤氏によれば、実際に赤ワインで悪玉コレステロールの酸化抑制が認められ、コーヒーを1日に3杯以上飲んでいる人は脳卒中や2型糖尿病リスクが低いという。

コーヒーは肝臓を保護する

この記事の画像

「コーヒーは肝臓の味方 ポリフェノールで年末年始・忘年会シーズンの健康を」の画像1 「コーヒーは肝臓の味方 ポリフェノールで年末年始・忘年会シーズンの健康を」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

もぐもぐニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク