​​『呪術廻戦0』乙骨憂太は異色のヒーローだ。虎杖とは真逆の魅力を考える
拡大する(全3枚)

興行収入100億円を超える大ヒット映画『劇場版 呪術廻戦0』。この劇場版の主人公・乙骨憂太は、従来の少年漫画らしからぬ特徴をいくつも持つ異質の主人公ともいわれています。そんな彼の魅力とは?

​​『呪術廻戦0』乙骨憂太は異色のヒーローだ。虎杖とは真逆の...の画像はこちら >>

『劇場版 呪術廻戦 0』公式サイト

via jujutsukaisen-movie.jp2021年12月に公開されて以来大ヒットを続け、興行収入100億円を超えて大きな話題となった『劇場版 呪術廻戦 0』。
その舞台は『呪術廻戦』本編の前、虎杖悠仁らが呪術師の世界に入る前であり、本作の主人公は虎杖らの先輩にあたる乙骨憂太です。

劇場版とはいえ、本編の主人公が登場しないということに驚いた方も多いのではないでしょうか。しかしこの乙骨憂太が主人公として描かれることによって『呪術廻戦』本編とはまた違った魅力的な作品に仕上がっているのです。

乙骨が従来の少年漫画らしからぬ特徴を持つ、異質な主人公といわれている理由とは。

本編主人公・虎杖とは真逆の乙骨憂太

週刊少年ジャンプのヒット作の多くでは、強く明るい存在として描かれることが多い主人公。
『ワンピース』のルフィや『ドラゴンボール』の孫悟空、『鬼滅の刃』の竈門炭治郎などがその代表です。強く、明るく、前向きであるという主人公像は少年漫画の王道でもあります。

『呪術廻戦』本編の主人公である虎杖悠仁も最初から強く明るい存在で、まさにジャンプヒーローの王道のようなキャラ。人付き合いの面でも周囲を積極的に受け入れようとする虎杖ですが、一方で乙骨憂太は全ての人間を拒絶しようとします。

この記事の画像

「​​『呪術廻戦0』乙骨憂太は異色のヒーローだ。虎杖とは真逆の魅力を考える」の画像1 「​​『呪術廻戦0』乙骨憂太は異色のヒーローだ。虎杖とは真逆の魅力を考える」の画像2 「​​『呪術廻戦0』乙骨憂太は異色のヒーローだ。虎杖とは真逆の魅力を考える」の画像3