ゴッホの「星月夜」がレゴブロック化。独特のタッチを2316ピースのブロックで立体的に再現したセットが公開
拡大する(全6枚)

三日月や星、渦巻く雲、そして手前に配置された「糸杉」までをもブロックで再現。ミニチュアサイズがキュートなゴッホの「ミニフィグ」と小さなイーゼル、絵筆、パレットなども付属

 レゴは5月17日(火)、"LEGO® Ideas The Starry Night set"(レゴ アイディアズ 「星月夜」セット)を発表しました。
ゴッホの「星月夜」がレゴブロック化。独特のタッチを2316ピ...の画像はこちら >>

LEGO® Ideas The Starry Night set

 本セットは、フィンセント・ファン・ゴッホによる「星月夜」をレゴブロックで再現したもの。

 「星月夜」は、1889年にゴッホが精神病院にて治療中に描いた作品。右上の三日月や大きな星、渦巻く雲などが描かれているほか、大きな「糸杉」が手前に配置されているなど、美しい青色と相まって独自の存在感を持っています。 本商品は多くの色のブロックを使ってその独特のタッチを再現しているほか、タイトルにもなっている星と月、それらが浮かぶ空や手前に配置された木など、モチーフをそれぞれ立体的に表現することで見る角度によってさざまざまな表情を見せます。
ゴッホの「星月夜」がレゴブロック化。独特のタッチを2316ピースのブロックで立体的に再現したセットが公開

lifestyle

 さらに、本セットにはミニチュアサイズがキュートなゴッホの「ミニフィグ」が付属。絵筆やパレット、イーゼル、プリントされたタイルに描かれたミニ絵画とあわせて飾れば、ゴッホが本作を描いている姿を再現することができます。 香港のレゴファンであるTruman Cheng氏がレゴアイディアプラットフォームを通じてデザインし、そのうえで「星月夜」を収蔵しているニューヨーク近代美術館と共同制作しました。

この記事の画像

「ゴッホの「星月夜」がレゴブロック化。独特のタッチを2316ピースのブロックで立体的に再現したセットが公開」の画像1 「ゴッホの「星月夜」がレゴブロック化。独特のタッチを2316ピースのブロックで立体的に再現したセットが公開」の画像2 「ゴッホの「星月夜」がレゴブロック化。独特のタッチを2316ピースのブロックで立体的に再現したセットが公開」の画像3 「ゴッホの「星月夜」がレゴブロック化。独特のタッチを2316ピースのブロックで立体的に再現したセットが公開」の画像4
「ゴッホの「星月夜」がレゴブロック化。独特のタッチを2316ピースのブロックで立体的に再現したセットが公開」の画像5 「ゴッホの「星月夜」がレゴブロック化。独特のタッチを2316ピースのブロックで立体的に再現したセットが公開」の画像6