ゴン攻め(ごんぜめ)

ゴン攻め(ごんぜめ)
拡大する(全1枚)

「ゴン攻め」(ごんぜめ)とは、東京2020オリンピックで新種目となったスケートボード競技・ストリートで、解説を務めたプロスケートボードの瀬尻稜選手による言葉。意味は「ガンガン攻めてるってこと」。

意味

「ゴン攻め」(ごんぜめ)とは、東京2020オリンピックで新種目となったスケートボード競技・ストリートで、解説を務めたプロスケートボードの瀬尻稜選手による言葉。

意味は瀬尻稜選手いわく「ガンガン攻めてるってこと」。
かなり攻めた積極的な行動、リスクを伴う行動と受け取れ、「ガン攻め」と近い意味合いのようだ。

“ゴン攻め”が発せられたのはいつ?

スケートボード・ストリートの中継で、注目のオランダの代表選手について「昨日の練習も見てたけど、ひとりだけすげー“ゴン攻め”してて」と解説したことがきっかけで、「ゴン攻め」がSNSのトレンドに浮上。

一緒に解説をしていたアナウンサーに「ゴン攻め」について質問されると、「ゴン攻めはなんか… 攻めてたっすね。ガンガン攻めてて」と返す微笑ましい一幕も。

Twitter上で人気爆発

同選手は、後日新聞でのインタビューで「“ゴン攻め”は、でかいハンドレール(手すり)やステア(階段)とか、トライするのも怖いようなセクション(障害物)で、がんがん攻めてるって意味です」とコメントしている。

「ゴン攻め」もやはり、Twitter上で人気を呼んだ。
また、2021年11月4日に発表となった「2021ユーキャン新語・流行語大賞」のノミネート30に選出された。

ビッタビタにはめてましたね(びったびたにはめてましたね)とは?(意味)~用語集|numan

ゴン攻め(ごんぜめ)の画像はこちら >>
「ビッタビタにはめてましたね」(びったびたにはめてましたね)とは、東京2020オリンピックで新種目となったスケートボード競技・ストリートで解説を務めたプロスケートボードの瀬尻稜選手による言葉。「寸分違わぬ繊細なトリック」と同義語。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

numanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

マンガ・アニメニュースランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る
お買いものリンク