『家庭教師ヒットマンREBORN!』に残る謎。チェルベッロ機関って結局何だったの?
拡大する(全3枚)

アニメ化もされた大ヒットマンガ『家庭教師ヒットマンREBORN!』。まだ明かされていない謎についてネット上では様々な噂が。特に気になるのが「チェルベッロ機関」の正体です。

2012年に最終回を迎えた漫画『家庭教師ヒットマンREBORN!』ですが、実は明かされていない謎がまだ残っているよう。特に「チェルベッロ機関」の正体は、未だに考察するファンが後を絶ちません。

先日Twitterでは、ある作品の新グッズが「ボンゴレリング」っぽいと話題に。「ボンゴレリング」と言えば、『家庭教師ヒットマンREBORN!』に出てくるキーアイテム。多くの人が作品を懐かしむ中、「そういえばチェルベッロ機関って何だったんだろう」と疑問の声が……。
『家庭教師ヒットマンREBORN!』に残る謎。チェルベッロ機...の画像はこちら >>

『家庭教師ヒットマンREBORN! 』アニメ公式サイトより

via www.tv-tokyo.co.jp

チェルベッロ機関はツナの敵ではない?

そもそも『家庭教師ヒットマンREBORN!』とは、気弱な少年・ツナがボンゴレファミリーというマフィアのボス候補になってしまう物語。

作中ではボスを継承するために必要な「ボンゴレリング」を巡り、激しい戦いが繰り広げられていました。そして今回注目されているのが、「チェルベッロ機関」と呼ばれる謎の女性たち。彼女らはリングを賭けた戦いを取り仕切りつつ、時には敵側に有利な動きをすることも。

しかも“ボンゴレファミリー9代目直属”と謳いながら、ファミリーNo.2の権限を持つ沢田家光ですら彼女たちの存在を知りませんでした。このことから連載当時、「チェルベッロ機関はツナたちの敵なのでは?」という予想が多かったようです。

この記事の画像

「『家庭教師ヒットマンREBORN!』に残る謎。チェルベッロ機関って結局何だったの?」の画像1 「『家庭教師ヒットマンREBORN!』に残る謎。チェルベッロ機関って結局何だったの?」の画像2 「『家庭教師ヒットマンREBORN!』に残る謎。チェルベッロ機関って結局何だったの?」の画像3