約4割が”オタ卒”経験あり!あなたがオタクに出戻った理由は?【#オタ女世論調査】
拡大する(全5枚)

“推し活”の形は数あるものの、さまざまな事情で推し活から離れてしまうことも。一時期、アニメや漫画などから離れていたもののまた戻ってきた”出戻りオタク”の実態とは?

numanの公式Twitter(@numan_edd)で「“オタク”を卒業していた時期はある?」というアンケートを実施したところ、”ずっとオタクです”:61%、出戻りました:39%”という結果に(集計期間:2022年2月25日~3月4日)。少数派ですが約4割の人が一度”オタ卒”していたことが判明しました。多忙や金欠などを理由に、どうしても”推し活”から離れてしまうことは誰しもありえること。
そこで、なぜオタ卒をしたのか。そして、そこからどう楽しいオタクライフに戻っていくのかをヒアリングを実施しました!
約4割が”オタ卒”経験あり!あなたがオタクに出戻った理由は?...の画像はこちら >>

出戻りオタクの実態を調査!約4割が”オタ卒”経験あり

進学、就職、結婚…ライフイベントが“オタ卒”のきっかけに

”オタ卒”の理由は人によってさまざま。まずは出戻りを実際に経験した人から、一度”オタ卒”に至った理由を聞いてみました。「物心ついた頃から、アイドルや漫画、アニメとジャンルは違ってもオタ活に明け暮れていた私。2.5次元にハマり、舞台やミュージカルに行きまくる日々を送っていたのですが、ある日ふと燃え尽きたように熱意が無くなってしまいました……。追うことに疲れてしまったのかもしれません」(20代・開発)

「とあるアーティストを追いかけていたのですが、急に人気が出てきたことでチケットが取りづらくなりました。現場に行く機会が減るとだんだんコンサートのチケットに応募することもなく、自然と熱が冷めました」(30代・医療系)
約4割が”オタ卒”経験あり!あなたがオタクに出戻った理由は?【#オタ女世論調査】

出戻りオタクの実態を調査!約4割が”オタ卒”経験あり

人生すべてをかけてオタ活に情熱を注いできた人こそ、ふとした瞬間に熱が冷めてしまうことがあるよう。
また、多かったのが進学や就職、結婚などライフイベントによる環境の変化がきっかけとなったオタ卒です。「2次元キャラしか愛せなかった高校時代。大学の下見にいったとき、非オタな人たちが眩しく見えて……3次元との触れ合いも増やさなきゃ!と封印しました」(20代・学生)「大学進学時、周りに同士が見つからずなんとなく下火に。当時は表立って“オタクです腐女子です!”と言える雰囲気じゃなかったので超擬態して学生生活を送っていました」(30代・プログラマー)

「妊娠・出産をきっかけにイベントなどに出られなくなり遠ざかっていきました。さらに腐女子であることを隠したまま結婚したので、絶対旦那にばれてはいけないと活動を超自粛w」(40代・会社員)
約4割が”オタ卒”経験あり!あなたがオタクに出戻った理由は?【#オタ女世論調査】

約4割が”オタ卒”経験あり!あなたがオタクに出戻った理由は?【#オタ女世論調査】

さらに、それだけ夢中になっていた反動から、簡単には他に好きなものを見つけることができず”推し活”そのものから遠ざかっていくパターンもあるようです。

落ち着いた頃に出会った作品が再燃のカギ?

就職や結婚を機にオタ卒を決めた元オタクたち。では皆さんがオタクに出戻った理由は?「大学では一般人に擬態していたのですが、ネットで知り合った学外の友達と意気投合してしまって! 『頭文字D』にドハマってサイト作ってサークル参加してそこでまた同士を見つけ……というドロ沼に沈んでくパターンでした」(30代・プログラマー)「育児休暇中に手に取った『金色のコルダ』が私を変えた……! 何故かわからないけれど、ドンピシャのタイミングですっごく沼落ちしてしまう作品が現れるんですよね。それで薄い本を出したり、古のHTML全盛期に個人サイトを始めたりTwitterをやり始めて…そして同士が現れて加速する…というw」(40代・会社員)
約4割が”オタ卒”経験あり!あなたがオタクに出戻った理由は?【#オタ女世論調査】

出戻りオタクの実態を調査!約4割が”オタ卒”経験あり

「就職してから忙しくてオタ活がストップ。一時は集めていたグッズをほとんど手放すほどでした。もう何かにハマることはないかな~と思っていたところ、軽い気持ちで見た『僕のヒーローアカデミア』のアニメに、自分でも驚くほどハマってしまいました」(20代・不動産)「ファッション関係の仕事に就いていたのですが、アニメコラボアイテムが登場したときに滾って大興奮。アニメの話を引かれるほどしてしまい、“やっぱり私、アニメが好きなんだ”って再認識しました。その後、アニメ関連の仕事に転職しました(笑)」(20代・販売員)「子供と一緒に見ていた特撮ものが沼でした。子供が大きくなり特撮から卒業したのですが、一方私はハマりっぱなし。今後はどうやってヒーローショーに行こうか……と悩み中です」(30代・主婦)「仕事をきっかけにオタクからほぼ離れてたけど、友達から『あんスタMUSIC』を教えられて、自分の好きなキャラ編成でライブ出来ることに感動。始めたらめちゃめちゃ沼ってオタク完全復帰。ありがとう友よ。ありがとうあんさんぶるスターズ」(年齢・職業不明)
約4割が”オタ卒”経験あり!あなたがオタクに出戻った理由は?【#オタ女世論調査】

出戻りオタクの実態を調査!約4割が”オタ卒”経験あり

他には、子育てがひと段落してからライブに参加するようになった、就職してお金に余裕ができてからどっぷりオタ活をするようになった、というエピソードも。ライフイベントが落ち着いた頃に触れたジャンルをきっかけに、また熱意がよみがえるというケースが多いようです。

「オタ卒とは言っても積極的に情報を追わなくなる、イベントに出なくなるだけで気持ちはずっとオタクだったかも」(30代・会社員)という声もあったように、オタクの火種は常に燃えているのかもしれません……!

好きなタイミングでオタ活しよう!

長い間ハマっていたジャンルとはまったく違うジャンルでオタクに復帰する人もいれば、一時期離れていたジャンルにまた戻ってしまう人もいるようです。

自分のライフスタイルや価値観を大事にしつつ、好きなタイミングでオタ活を楽しんでいきましょう!(執筆:つちだ四郎)■一番の祈りは推しの幸せ…!みんなの #七夕の願い事 は?「下野紘が元気に」「銀魂、復活して」
https://numan.tokyo/column/ZC3bC
■『銀魂』コスも!オタクのオンライン飲み、どうしてる?『刀剣乱舞』上映会に『ポプテピ』なりきりも!?
https://numan.tokyo/column/dqCxX
■届け…!隠れオタクが同志を見つける方法は?『鬼滅の刃』からジャブを打https://numan.tokyo/column/xcsWU

この記事の画像

「約4割が”オタ卒”経験あり!あなたがオタクに出戻った理由は?【#オタ女世論調査】」の画像1 「約4割が”オタ卒”経験あり!あなたがオタクに出戻った理由は?【#オタ女世論調査】」の画像2 「約4割が”オタ卒”経験あり!あなたがオタクに出戻った理由は?【#オタ女世論調査】」の画像3 「約4割が”オタ卒”経験あり!あなたがオタクに出戻った理由は?【#オタ女世論調査】」の画像4
「約4割が”オタ卒”経験あり!あなたがオタクに出戻った理由は?【#オタ女世論調査】」の画像5