『十二国記』小野不由美、東野圭吾らをおさえ、2020年オリコン上半期ランキング第1位に!
拡大する(全2枚)

『十二国記』18年ぶりとなる最新刊が250万部の売上を突破し、作者の小野不由美さんが2020年オリコン上半期ランキング「文庫 作家別」1位に輝きました!

社会現象ともいえる「十二国記」人気、小野不由美が1位に!

5月28日、オリコンの「2020年上半期本ランキング」が発表されました。

2位・東野圭吾さん、3位・佐伯泰英さん、4位・宮部みゆきさん、5位・伊坂幸太郎さんと錚々たる名前が並んだ「文庫 作家別」部門で、見事「1位」となったのは、「十二国記」シリーズで知られる小野不由美さん。

昨年10月と11月、「十二国記」の18年ぶりとなる新作長編『白銀の墟 玄の月(しろがねのおか くろのつき)』全4巻が刊行されたが、この新作だけで累計部数は「250万部」を突破。今回の1位獲得を牽引しました。
『十二国記』小野不由美、東野圭吾らをおさえ、2020年オリコ...の画像はこちら >>

『十二国記』新作が250万部突破!2020年オリコン上半期ランキング「文庫 作家別」第1位に小野不由美!

18年ぶりの新作に対する「十二国記」愛読者の歓喜は半端ではありませんでした。

昨年4月19日、「十二国記」の公式ツイッターで新作長編は「10月、11月に2巻ずつ発売」と告知されると、このツイートはわずか30分で「1万RT(リツイート)」を突破、最終的には「6万」を超えるRT、いいね!を記録し、同シリーズの人気ぶりが浮き彫りに。

「Yahoo!検索大賞2019」の小説部門賞を受賞したことからも明らかなように、「十二国記」への関心は、性別や年齢を超えて、いわば社会現象化。それを受けて、第1巻の初版部数は「50万部」に。これは、「新潮文庫史上最高」の初版部数です。

この記事の画像

「『十二国記』小野不由美、東野圭吾らをおさえ、2020年オリコン上半期ランキング第1位に!」の画像1 「『十二国記』小野不由美、東野圭吾らをおさえ、2020年オリコン上半期ランキング第1位に!」の画像2