ビッタビタにはめてましたね(びったびたにはめてましたね)

ビッタビタにはめてましたね(びったびたにはめてましたね)
拡大する(全1枚)

「ビッタビタにはめてましたね」(びったびたにはめてましたね)とは、東京2020オリンピックで新種目となったスケートボード競技・ストリートで解説を務めたプロスケートボードの瀬尻稜選手による言葉。「寸分違わぬ繊細なトリック」と同義語。

意味

「ビッタビタにはめてましたね」(びったびたにはめてましたね)とは、東京2020オリンピックで新種目となったスケートボード競技・ストリートで解説を務めたプロスケートボードの瀬尻稜選手による言葉。

瀬尻選手の「ビッタビタにはめてましたね! なんのずれもなく」という解説を、共に実況をしていたアナウンサーが「寸分違わぬ繊細なトリック」と別の言葉に置き換える技への評価も話題に。

「ビッタビタ」は「ピッタリ」の上位互換とも取れる。

フランクな解説がクセになる…?

瀬尻選手は、出場選手が技を決めると「やっベー」「いいっすねぇー」「すげー」など、フランクなセリフを交えて解説しており、NHKのスポーツ中継としては異彩を放っていた。そして、同選手は決勝で堀米選手が9.5点を叩き出した大技を決めたときに、「うおー! や~ベ~」「ビッタビタはめてましたねぇ」と興奮しながら叫んだ。

Twitter上での反応は?

これは「寸分違わぬ繊細なトリック」という意味で用いられたセリフだが、Twitter上では「クセになる」などと人気を呼んだ

また、2021年11月4日に発表となった「2021ユーキャン新語・流行語大賞」のノミネート30に選出された。

ゴン攻め(ごんぜめ)とは?(意味)~用語集|numan

ビッタビタにはめてましたね(びったびたにはめてましたね)の画像はこちら >>
「ゴン攻め」(ごんぜめ)とは、東京2020オリンピックで新種目となったスケートボード競技・ストリートで、解説を務めたプロスケートボードの瀬尻稜選手による言葉。意味は「ガンガン攻めてるってこと」。
編集部おすすめ
numanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

マンガ・アニメニュースランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る
お買いものリンク