東京と長野で二拠点生活を送る若き女性実業家はコロナで何を思った?

東京と長野で二拠点生活を送る若き女性実業家はコロナで何を思った?
『ケトルVOL.54』は「みんなの大好き」特集
2011年から2014年までアーティストとして活動し、その後ユニセックスストリートブランド「BLIXZY」の企画・デザイン・モデル・PRなどを担う武藤千春さん。現在はJ-WAVEの番組『SHIBUYA DESIGN』でナビゲーターを務める彼女は、2019年から長野と東京で二拠点生活をスタートさせました。なぜ東京中心での生活を離れることに決めたのでしょうか? ケトルVOL.54(2020年6月16日発売)で、このように語っています。

「今まで東京に住む理由は、学校や職場に近いからでした。でも、いずれはどこでも仕事ができるようになるだろうし、実際に東京でしかできないのはラジオの仕事だけだな、と思っていたんです。住む場所やそこで生まれる時間の使い方は、今後人々のアイデンティティになると思ったのがきっかけでした。東京にいた方がかっこいいという固定観念も崩れつつあった。そう思ってから、東京以外で暮らすことに目を向け始めました」

今年の2月頃までは週の半分を東京、半分を長野と行き来する生活を続けていた武藤さん。自粛要請期間中は自分で車を運転して週末だけ東京で仕事をし、それ以外は極力長野の自宅でアパレルの仕事に専念する生活を続けていました。人が集まる都市部から距離をとったことは、人とのコミュニケーション方法を工夫するきっかけにもなったそうです。

「長野で生活し始めてから、友達とお茶をしたり、仕事先で雑談したりと、自分の知らないことを聞く機会は急に減りました。しかも友達はアーティストやモデルなど、特殊な仕事の人が多い。会話をする人の職種が自然と偏っていることにも気づいて。自分の半径2メートルより外の世界の人が、どんなことを感じ、どんなことをしているのかを知ることが、今の自分に必要だなと思ったんです」

あわせて読みたい

太田出版ケトルニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月3日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。