「いくえみ男子」は北米男子似? 日英翻訳家が語るいくえみ綾の魅力

「いくえみ男子」は北米男子似? 日英翻訳家が語るいくえみ綾の魅力
拡大する(全1枚)
『ケトルVOL.57』は「いくえみ綾」特集
動画配信サービスが世界に普及し、日本のドラマが海外でもチェックされるようになった昨今。『G線上のあなたと私』や『あなたのことはそれほど』など、これまで数々の著作がドラマ化されたいくえみ綾さんの作品は、海の向こうでも親しまれています。ライフスタイルも違えば恋愛観も異なる海外で、いくえみ作品はどのような評価を受けているのでしょうか? マンガの日英翻訳家である、北米在住のジョセリン・アレンさんは、いくえみ作品にリアルな日本独自の文化を感じると語ります。

「『G線上のあなたと私』には、いわゆる”嫁姑問題“がリアルに描かれていますよね。彼女のように現実的な要素をストーリーに組み込む恋愛マンガは珍しい。あと、これは翻訳的な視点になるのですが、いくえみ作品では会話の中でその場にいない誰かについて話すことが多いですよね。指示語や固有名詞が省略されていることもあるので、誰のことを指すかをしっかり考えながら読みます」

確かにいくえみ作品は登場人物が多く、多重的にストーリーが進むこともあるので相関図も複雑。一方で文化圏が違えど強く共感できる点もあるようです。

「いくえみ男子は少し孤立気味で、人間関係が得意ではないですよね。これは北米男性の特徴と非常に似ているんです。クールなフリをして、実は女性への接し方がわからないところが特にそっくり。そんなふうに人間のあまり魅力的でない部分、闇や葛藤、厄介な現実をありのままに描くところが面白い。だからこそ読者の抱える状況や悩みにシンクロして寄り添える存在になっているのだと思っています」
編集部おすすめ

当時の記事を読む

太田出版ケトルニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク