カップヌードルのエビはいらない?必要性について熱い議論

その後6年間カップヌードルの肉担当として君臨していましたが、2015年の再リニューアルで謎肉先輩が復活。以来、若手コロ・チャーと謎肉先輩が同居する形で販売されています。

■エビは生みの親のアイデアから採用が決まった

ちなみに今回「いらない子扱い」されているエビ。これは日清食品の創業者でありチキンラーメン、カップヌードルの開発者である安藤百福さん(あんどうももふく)のアイデアによるもの。

エビは日本人が大好きで、高級感もありめでたいから。という理由で入っているそうです。また赤いエビにこだわり、インド太平洋で獲れるプーバランという特別なエビをわざわざ使用しているのだとか。プーバランは当初、乾燥エビでは高級品の部類だったそうです。それをカップ麺に入れたということは、当時の消費者をきっと食べることで本当に喜ばせたかったのでしょうね。

▼参考 カップヌードルの海老いらない署名運動(open2ch.net)

(文:宮崎美和子)

あわせて読みたい

おたくま経済新聞の記事をもっと見る 2016年4月27日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。