静かな住宅街に突如として現れるピンクの館「あさくら画廊」。東武伊勢崎線の竹ノ塚駅から15分~20分ほど歩いていくと、通りの少し奥まったところにその館は現れます。


 生活感あふれる近隣住宅の様相とは違い、度肝を抜かれるほどピンクな作品が乱雑に飾られています。入り口から「ギョッ」としてしまいましたが、意を決して取材をしてきました。


 「すいません。すいませーん!」と玄関前で声をかけても反応がなく、もしかしてまだオープンしていないのか……と少し不安になりながら待っていると、家の奥のほうから何やら音が! するといきなりガチャッとドアが開き「どうもー」と画廊のオーナー辻修平さんが登場。おぉー、この人がメルヘン狂気な世界を作っている張本人か! と少し警戒しながらも、入場料の1000円を支払い部屋の中へ。


 「それにしても、ピンクだらけですね。玄関を入ってすぐ縄はしごですか!? すごいですね。天井にもお菓子の空箱を飾ってあるんですね」というと、「ピンクだらけなんですよー。ガハハハ」と豪快な笑いを浮かべる辻さん。早速、家の中を案内してもらうと、外だけでなく中も凄まじいことに!


 1階は、作品の展示スペース兼キッチン。トイレ、バスも完備しています。辻さんはこちらの館に住人として住んでおり、ぬいぐるみたちが縄跳びでグルングルンに巻かれ、いかにも用を足しづらいトイレに、頭を日本刀で貫かれた血まみれ某クマさんが鎮座するお風呂場も日ごろ使用しているとか。こちらは使用したらまたもとの状態に戻すという大変面倒な作業を毎回行っているそうです。それにしても、辻さんの脳内はどうなってんだと思うほどぶっとんだ作品が次々と目に飛び込んできます。