漫画「もしも東京」展が開催 日本を代表する漫画家20人が誰も見たことがない東京を描く

漫画「もしも東京」展が開催 日本を代表する漫画家20人が誰も見たことがない東京を描く
拡大する(全2枚)

漫画「もしも東京」展が開催 日本を代表する漫画家20人が誰も...の画像はこちら >>


 日本を代表する漫画家たちが「東京」を漫画作品で残すアートプロジェクト・漫画「もしも東京」展が、2020年夏に東京都現代美術館で開催。 「ピンポン」の松本大洋、「ソラニン」の浅野いにお、「BLUE GIANT」の石塚真一など20名が、新作漫画を展示作品として描き下ろします。


 世界中の人々が足を運び多くのメディアにも注目され、2020年に大きなターニングポイントを迎えることになる「東京」。2020年の夏、映像でも写真でもなく、東京を「漫画」作品として残すアートプロジェクトとして、漫画「もしも東京」展が開催されます。日本を代表する漫画家20名が、それぞれの視点と想いで、誰も見たことがない20の東京を描き下ろします。


漫画「もしも東京」展が開催 日本を代表する漫画家20人が誰も見たことがない東京を描く


 ちなみに、漫画「もしも東京」展はTokyo Tokyo FESTIVAL スペシャル13のひとつとして開催されるのですが、Tokyo Tokyo FESTIVALとは、オリンピック・パラリンピックが開催される2020年の東京を、文化の面から盛り上げるため、多彩な文化プログラムを展開し、芸術文化都市東京の魅力を伝える取り組み。


 今回は、国内外から応募のあった2436件から選定した13の企画を、「Tokyo Tokyo FESTIVAL スペシャル13」と総称し、オリンピック・パラリンピックが開催される2020年にかけて、展開しています。漫画「もしも東京」展は、入場無料となっているので、日本を代表する漫画家が描く、誰も見たことがない20の東京を体験してみるのも良いかもしれませんね。


この記事の画像

「漫画「もしも東京」展が開催 日本を代表する漫画家20人が誰も見たことがない東京を描く」の画像1 「漫画「もしも東京」展が開催 日本を代表する漫画家20人が誰も見たことがない東京を描く」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

おたくま経済新聞の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「ソラニン」に関する記事

「ソラニン」に関する記事をもっと見る

マンガ・アニメニュースランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る
お買いものリンク