2021年9月21日、iPhoneの最新OS「iOS 15」がリリースされた。さっそくアップデートした人も多いと思うが、SNS上ではLINEの通知が遅い、バッテリーの消耗が激しいなど、さまざまな不具合が報告されている。そこで今回は、iOS 15の不具合にどんなものがあるのか? どうやって対処すればいいかをまとめて解説しよう。もしかすると、まだアップデートしないほうがいいかも!

iOS 15へのアップデートで不具合が多発!

5年以上前に発売されたiPhone 6sや第1世代SEまで適用されることで話題となったiOS 15が、ようやく2021年9月21日にリリースされた。iOS 15の新機能については→こちらで確認してほしいが、どうやらiOS 15にアップデートすると、LINEの通知が遅くなったりインスタの動作が重くなる、バッテリーの消耗が激しいといった、さまざまな不具合がSNS上で報告されている。

そこでここでは、現状、iOS 15にどんな不具合があるのか? そして、どうやって対処すればいいかをまとめて解説しよう。もし、自分のiPhoneをまだiOS 15にアップデートしていないなら、少し様子を見たほうがいいかもしれないぞ!

【1】「プライベートリレー」による不具合が多発!

iOS 15で新たに搭載された「プライベートリレー」は、iCloud+のプライバシー保護機能で、Webブラウザ「Safari」を利用したときの閲覧履歴や接続元情報(IPアドレス)が匿名化される。つまり、プライベートリレーをオンにしておけば、ユーザーがどんなWebサイトにいつアクセスしたかといった追跡ができなくなるのである。しかし、このプライベートリレーが、携帯キャリアへの不具合を誘発させているのだ。