独IBC SOLAR、日本におけるプロジェクトのパイプライン販売に合意

37MW規模から165MW規模に拡大される可能性を秘めたプロジェクトのパイプライン

ドイツ、バート・シュタッフェルシュタイン -太陽光発電システム分野で世界をリードするIBC SOLAR AG (以下、「IBC SOLAR」)の子会社であり国際的プロジェクト開発分野を担当するIBC SOLAR Energy GmbH (以下、「IBC SOLAR Energy」)は、アジアにおけるプロジェクト事業をさらに拡大し、日本では37メガワット(MW)規模となるプロジェクトのパイプライン販売に合意いたしました。

IBC SOLARとBRUC Capitalは、今後3年以内に日本で推進される27件のプロジェクト、合計37MW規模となるソーラーパークの販売に係る枠組みに合意しており、この合意には、富山県の1.6MW規模の太陽光発電所と岐阜県の0.5MW規模の太陽光発電所など当社が初めて手がけた2件のプロジェクトや2016年10月に埼玉県と茨城県で建設が予定されている別途2件の総発電量3.5MW規模の太陽光発電所建設の売買取引が含まれています。なお今回の合意に対する初期投資は 9,000万ユーロを超え、この事業投資のため、BRUC Capital とMacquarie Groupは投資提携が予定されています。

本件合意に関して、BRUC Capitalのホアン・ベハル氏は「世界レベルの再生可能エネルギー分野における投資先として、BRUC Managementのプロジェクトを強固にする重要な一歩です。」と述べています。

あわせて読みたい

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年9月30日のリリース記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。