台東区第8弾ホテル アパホテル〈浅草駅前〉本日起工式開催

台東区第8弾ホテル アパホテル〈浅草駅前〉本日起工式開催
 全国でホテルネットワークを展開する総合都市開発のアパグループ(本社:東京都港区赤坂3-2-3 代表:元谷外志雄)は、本日アパホテル〈浅草駅前〉(東京都台東区駒形1丁目6-1(地名地番))の計画地において起工式を株式会社あおぞら銀行 常務執行役員 細野克也氏、コートジボワール共和国大使館 特命全権大使 ジェローム・クロー・ウェヤ氏、衆議院議員 三ツ林裕巳氏、衆議院議員 古川康氏を始め総勢120名を超えるご参列の下、執り行った。

[画像1: https://prtimes.jp/i/18265/87/resize/d18265-87-813333-0.jpg ]


 先に行われた記者発表においてアパグループ代表 元谷 外志雄は、「本ホテルを含め台東区内のアパホテルは、9棟・2,028室の開発計画となり保有棟数・客室数でトップとなる。浅草エリアは年間4,500万人もの観光需要があり、駅前徒歩1分の好立地に位置する本ホテルは、平日のビジネス需要から週末の観光需要まで幅広い集客が見込める。東京都心におけるホテルは軒並み高収益となっており、本ホテルにおいても高稼働、高収益を期待している。また、全国で6棟のタワーホテル開発を同時に行っているが、「満足を売るホテル」「進化するアパホテル」として日本国内ダントツのNo.1を目指していく。」と述べた。

[画像2: https://prtimes.jp/i/18265/87/resize/d18265-87-322825-1.jpg...続きを読む

あわせて読みたい

PR TIMESの記事をもっと見る 2017年3月9日のリリース記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。