【冬の肌悩みに関する調査】冬の肌悩みNo.1は“乾燥”と“かさつき”・・・日中の対策が重要なカギ!!

【冬の肌悩みに関する調査】冬の肌悩みNo.1は“乾燥”と“かさつき”・・・日中の対策が重要なカギ!!
拡大する(全1枚)
~湿度の低下が、美肌の低下につながる!?~

 この度、ポーラ・オルビスグループの敏感肌専門ブランド「DECENCIA(ディセンシア)」を展開する株式会社DECENCIA(本社:東京都品川区、代表取締役 山下慶子)は、20代~50代の女性481名に対して、冬の肌悩みに関するアンケート調査及び湿度と肌の関係を調査しました。
本リリースでは、乾燥が厳しくなってくるこれからの時季にふさわしい、日中の乾燥対策の提案を行っています。日中の乾燥対策をして、うるおいのある美肌を手に入れましょう。 

■冬の肌悩みNo.1は、「乾燥・かさつき」。湿度の低下が原因
冬の肌悩みは60%以上の方が「乾燥・かさつき」をあげており、夏の肌悩みと比べると約2倍に増加していました。逆に夏の肌悩みNo.1は「べたつき」であり、冬と夏では全く逆の肌悩みを持っていることが明らかになりました。また、湿度と肌の水分量の関係を調べたところ、湿度が50%から20%へ低下すると肌水分量は約1/2となりました。
[画像1: https://prtimes.jp/i/2987/163/resize/d2987-163-614717-0.jpg ]


■冬の乾燥の大敵は、屋外そしてオフィス
この時季、最も乾燥を感じる場所を聞いたところ「家の中」と回答した方が最も多く約40%でした。しかし、実際に家の中、オフィスの中、屋外の湿度を測定したところ、最も湿度が低いのは屋外で次いでオフィスとなっており、ともに湿度は30%を下回る結果でした。働く女性にとっては、冬の日中は乾燥ダメージにさらされていることが伺えます。また、乾燥対策として加湿器の使用状況を調べると、使用している方は40%以下であり、使用場所は自宅が93%に対し、オフィスで使用している方は24%と小数でした。乾燥実感と使用場所は一致していますが、オフィスではエアコンでの温度調整や加湿器での湿度調整は個人では難しいため、乾燥への注意が必要といえます。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

リリースニュースランキング

リリースランキングをもっと見る
お買いものリンク