Scratch3.0ベースの3Dドローン飛行シミュレーター「DroneSimulator3」を4月15日公開!STEM教育用途からIoTでの産業用ドローン制御用途までを想定して開発。

Scratch3.0ベースの3Dドローン飛行シミュレーター「DroneSimulator3」を4月15日公開!STEM教育用途からIoTでの産業用ドローン制御用途までを想定して開発。
拡大する(全1枚)
【DroneSimulator3】はプログラミング言語学習環境Scratch3.0のオンライン版を拡張した3Dドローン飛行シミュレーターです。対応ブラウザはChrome,Edge,FireFoxです。

自動・自律制御技術の発達とともに、ドローンの活躍の場は空撮やロジスティクスから、科学、農業、産業、建設、研究分野へと拡がりつつあります。
それに伴い「人間がドローンを操縦する技術」よりも「プログラミングで精密な制御」「機械学習による自律飛行」が注目されるようになりました。

【DroneSimulator3】の特徴は以下のとおりです。
・無料、無登録で使用することができる。
・ブラウザだけで実行できるので、ソフトウェアをインストールする必要がない
・簡単に制御プログラミングを作ることができる。
・精密な動きを、何度でも自動で実行できる。
・飛行時間や空間に制限がなく、墜落や衝突の危険がない。
・画像認識やセンサーを利用した、AIプログラミングを作ることができる。(順次実装)
・ドローン実機とシンクロして飛行することができる。(開発ロードマップ参照)

STEM教育のみならず様々な産業分野に応用できるように拡張します。

アプリケーションの概要
【DroneSimulator3】は、作成したドローン飛行プログラミングを3Dシミュレーションすることができます。
MITメディアラボ(マサチューセッツ工科大学)が開発したプログラミング言語学習環境“Scratch3.0”のオンラインバージョンにドローン制御用ブロックを追加し、描画ステージをWebGLとUnityで拡張しています。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

リリースニュースランキング

リリースランキングをもっと見る
お買いものリンク