DMM.make AKIBA、2020年4月開学 新潟初の専門職大学「開志専門職大学」のIoT活用やロボティクス演習を行う「KAISHI LAB」プロデュースに関するお知らせ

DMM.make AKIBA、2020年4月開学 新潟初の専門職大学「開志専門職大学」のIoT活用やロボティクス演習を行う「KAISHI LAB」プロデュースに関するお知らせ
合同会社DMM.com(本社:東京都港区、会長兼CEO 亀山敬司、https://dmm-corp.com/ 以下DMM )は、秋葉原に構えるモノづくり施設を中心とした事業課題解決型プラットフォーム「DMM.make AKIBA」が、2020年4月に開学される新潟初の専門職大学「開志専門職大学」情報学部 米山キャンパスに準備中の、新たなIoT活用の研究とロボティクス演習を行う「KAISHI LAB」のプロデュースを務めることをお知らせいたします。

[画像1: https://prtimes.jp/i/2581/3518/resize/d2581-3518-497095-0.jpg ]

DMM.make AKIBAは2014年11月に開設した、ハードウェア開発用におよそ5億円を投資した機材と、技術やビジネス面でサポートするスタッフ、24時間利用可能な施設を備えた、新たなモノづくりに挑戦するイノベーターをトータルで支援する事業課題解決型プラットフォームです。約150社のスタートアップを含む600社以上の企業・団体に利用いただいており、開発拠点やプロトタイピングを目的とした施設としての役割だけでなく、事業提携やオープンイノベーションに向けたマッチング支援、IoT人材育成研修やハッカソンなどの企画運営なども展開しています。

本件は、DMM.make AKIBAの事業「イノベーションスペース立ち上げ支援」として監修しました。これまでに培ったノウハウを活用してコンセプトメイクからスペースレイアウトデザイン、機材選定から導入までにおける支援を行なっております。「KAISHI LAB」は3Dプリンターやレーザーカッターなどの機材や工具が設置され、学生がIoTの活用やロボティクスについて実践的に学べる施設として開設されます。また、施設内には新潟県燕三条の金属加工とデジタル技術を組み合わせたロビーカウンター、工場から出た端材を使用した壁面アートなど、新潟の地域性や地場特有の素材を積極的に取り入れています。今後もDMM.make AKIBAは地域や企業のイノベーションスペースの立ち上げを支援してまいります。

あわせて読みたい

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月19日のリリース記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。