<東京都の自転車事故に関する調査> 東京都での自転車保険加入義務化の認知・加入率、義務化開始1ヶ月を切っても半数程度に留まる

<東京都の自転車事故に関する調査> 東京都での自転車保険加入義務化の認知・加入率、義務化開始1ヶ月を切っても半数程度に留まる
~都内での自転車事故“未遂”および自転車事故経験者は全国平均より高い結果に。自転車事故発生場所は「歩道」が最多~

 au損害保険株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:山田 隆章、以下、au損保)は、2020年4月より東京都ではじまる自転車保険加入義務化を前に、東京都在住で月に1回以上自転車を運転する方1,000名を対象に、自転車事故に関する調査を実施しました。

[画像1: https://prtimes.jp/i/5870/75/resize/d5870-75-153518-0.png ]

警視庁の発表によると、東京都内の自転車事故は2017年より増加傾向にあり、2019年も前年比増という結果でした。そのような状況の中、au損保では、2020年4月より自転車保険加入が義務化される東京都の自転車事故に関する調査を行いました。

調査結果によると、3割以上(35.5%)の人が過去に自転車運転時に事故に「遭ったことがある」という結果がでました。この結果は、au損保が2019年10月に“全国の月に1回以上自転車を運転する人を対象に行なった調査結果(30.5%)”と比べて5ポイント高い数値となりました。自転車事故に繋がりそうな事象となる自転車事故“未遂”は、約6割以上(66.7%)もの人が「経験あり」という結果がでており、こちらも全国平均(60.9%)を6ポイント近く上回りました。都内での自転車運転にはリスクがついてまわる状況となっています。また、自転車事故および“未遂”の発生場所として、トップは「歩道」(46.9%)で、次いで「自転車専用レーンがない車道」(31.4%)となりました。「自転車専用レーンがある車道」は、11.4%に留まるため、車道では、自転車専用レーンの有無で事故率に大きく差があることが分かりました。

あわせて読みたい

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月26日のリリース記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。