株式会社RYOENG(リョーエン)の完全子会社化及び、当社代表取締役の同社取締役就任のお知らせ

株式会社RYOENG(リョーエン)の完全子会社化及び、当社代表取締役の同社取締役就任のお知らせ
工場排水、下水汚泥、食品加工残渣等を強力脱水し熱エネルギーへの燃料利用も可能。「高圧真空脱水機」事業で両社一体となり地球環境課題解決に向け取り組みます。

会津太陽光発電株式会社(本社:福島県会津若松市、代表取締役:折笠 哲也、以下「会津太陽光発電」)は、2020年4月1日に、株式会社RYOENG(本社:神奈川県川崎市、代表取締役:松本 健一、以下「RYOENG」)の全株式を取得し、完全子会社化いたしましたことをお知らせいたします。
なお、会津太陽光発電代表取締役社長 折笠哲也は、RYOENGの取締役に就任いたします。

株式取得の理由
 会津太陽光発電は震災後に再生可能エネルギーの普及を通じて地域に持続可能な雇用と資金が循環する仕組みを構築するとともに豊かなエネルギー、食料、水、文化を次世代に引き継ぐ為に設立致しました。
 震災発生後の当時は雪国ではコスト面や安全性の問題から太陽光発電の普及は難しいと言われておりましたが震災から10年目を迎える今では電力会社から購入するよりも安く、安全な電源の一つとなりました。
 弊社では太陽光発電以外にも水力、風力、バイオマスの推進やEVや蓄電池を活用したオフグリッドシステムの構築、また農家が安価な再エネを活用し営農継続に貢献出来るオフグリッド農業用ハウス開発などに取り組んでおります。
 これからも現状ではコスト的にも高く採算が取れないような事業でも工夫をし、経済合理性と地球環境改善双方が成り立つ事業開発に取組んで行くと共に、事業収益の一部を地域貢献に取り組んでいる団体へ寄付し、地域文化の創造と次世代育成へも貢献して参ります。

あわせて読みたい

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年4月2日のリリース記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。