70年代の大ヒット曲『ナオミの夢』の「ヘドバとダビデ」のイスラエル人女性シンガー、ヘドバ・アムラニが約50年ぶりに再び日本で新曲をリリース!

70年代の大ヒット曲『ナオミの夢』の「ヘドバとダビデ」のイスラエル人女性シンガー、ヘドバ・アムラニが約50年ぶりに再び日本で新曲をリリース!
新曲『生きてこう』がSpotify, Apple Music他で4月3日よりデジタル配信を開始

70年代の大ヒット曲『ナオミの夢』を含む全23曲のベストアルバム『Greatest Hits』収録曲も4月10日より順次配信


イスラエルで絶大な人気を誇るイスラエル人女性シンガー、ヘドバ・アムラニ(Hedva Amrani)が約50年ぶりに今年4月3日より新曲『生きてこう』をリリース。そして、4月10日より全23曲を収録したベストアルバムをSpotify, Apple Music等でデジタル配信します。ヘドバは、70年代に『ナオミの夢』を日本でヒットさせた世界的デュオ「ヘドバとダビデ」の女性ボーカル。今回、約50年ぶりにソロで再び日本で新曲および懐かしのヒット曲を配信します。
[画像1: https://prtimes.jp/i/56193/1/resize/d56193-1-348284-0.png ]

4月3日からの配信では新曲『生きてこう』、そして4月10日からは1970年に開催されたヤマハ音楽振興会主催の第1回東京国際歌謡音楽祭でグランプリを受賞したヒット曲『ナオミの夢』も含む全23曲が収録されたベストアルバムがデジタル配信されます。収録曲の中にはボーナストラックとしてヘブライ語の曲も収録される予定です。

今回日本語でカバーされた新曲『生きてこう』は、イスラエルで3年前にヘブライ語版でリリースされるやいなや、イスラエルのラジオ局で最も再生された曲の一つ選ばれるほどのヒット曲。今回日本語版の作曲は、イスラエルの著名作曲家Eyal Mazig(エヤル・マジーグ)氏とMerav Simon Tov(メラヴ・シマントヴ)氏が手掛け、イスラエルの実業家Kuniko Cohen(クニコ・コーヘン)氏が日本語訳を担当。

あわせて読みたい

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年4月3日のリリース記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。