ドラえもん50周年記念作品を完全小説化!『小説 映画ドラえもん のび太の新恐竜』

ドラえもん50周年記念作品を完全小説化!『小説 映画ドラえもん のび太の新恐竜』
進化を続ける「映画ドラえもん」

世界的な人気キャラクター「ドラえもん」は、小学館の幼児・学習雑誌 1970 年 1 月号に初登場して以来、今年で 50 周年を迎えました。
そして1980年に公開された“映画ドラえもん”シリーズ第1作「のび太の恐竜」から40作目を迎える『映画ドラえもん のび太の新恐竜』の公開日が2020年8月7日(金)に決定しました。
本作を手がけるのは、「のび太の宝島」でシリーズ史上最高興行収入(53.7億)を打ち立てた監督・今井一暁と脚本・川村元気の名コンビ。
進化し続ける物語にぜひご期待ください。

[画像1: https://prtimes.jp/i/13640/623/resize/d13640-623-820688-1.jpg ]

(C)藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2020
『映画ドラえもん のび太の新恐竜』 全国東宝系にてロードショー
原作:藤子・F・不二雄 監督:今井一暁 脚本:川村元気

川村元気による『映画ドラえもん のび太の新恐竜』のオリジナル脚本を完全小説化!
完全オリジナルストーリーで送る新しい恐竜と、新しいのび太の物語が小説で読めます! 小説の土台になったのは、映画プロデューサーとして数々の作品をヒットに導き、小説家としても『世界中から猫が消えたなら』で小説家デビュー後も、作品を書き続ける川村元気によるオリジナル脚本です。

【STORY】
のび太が恐竜博の化石掘り体験でつまずいて転んだ楕円形の石。恐竜のたまごだと信じたのび太が、ドラえもんにお願いして“タイムふろしき”で化石の時間を戻すと・・・。

あわせて読みたい

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年4月4日のリリース記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。