新型コロナ×女性の働き方の変化を5職種で比較調査 リモートワークは「営業職」、オンライン会議は「技術職」が実施率1位に

新型コロナ×女性の働き方の変化を5職種で比較調査 リモートワークは「営業職」、オンライン会議は「技術職」が実施率1位に
アフターコロナを見据え高まる副業・複業への関心、「おうちスキルアップ」に励む女性は約3人に1人

女性向けパラレルキャリア支援サービス「Paranavi(パラナビ)」を運営するトレンダーズ株式会社(所在地:東京都渋谷区、代表取締役社長:黒川涼子、東証マザーズ上場:証券コード6069)は、働く女性500名を対象に、新型コロナウイルス感染拡大に伴う働き方の変化について意識・実態調査を行いました。

Paranavi:https://paranavi.jp/

新型コロナウイルス感染拡大防止にあたり、働き方においてもテレワークや時差出勤などの「新しい生活様式」が求められています。しかし、在宅勤務が難しい接客スタッフなど、その受け入れ方は職種ごとに異なるのが実情です。そこで、今回の調査では2020年1月末以降を「新型コロナウイルス感染拡大以降」と定義。その前後の働き方の変化を5職種(営業職、技術職、事務・企画職、サービス・販売職、専門職)各100名計500名の女性に調査。職種別の比較を行いました。


<調査概要>
調査対象:
正社員または契約社員の20~50代女性500名
(営業職、技術職、事務・企画職、サービス・販売職、専門職各100名)
※年代別、同居家族に子どもの有無で均等割付
※「新型コロナウイルス感染拡大(2020年1月末)以前から同じ仕事を続けている」と回答した人
調査方法:インターネット調査
調査期間:2020年5月7日(木)~8日(金)

あわせて読みたい

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月21日のリリース記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。