毎月10日は「魚(とと)の日」 『魚を食べよう!』栄養士おすすめの魚メニューをミールキットでお届け

毎月10日は「魚(とと)の日」 『魚を食べよう!』栄養士おすすめの魚メニューをミールキットでお届け
 つくる人から笑顔に。をテーマに全国で“食材(ミールキット)宅配サービス”を提供するヨシケイグループの本部、ヨシケイ開発株式会社(本社:静岡市駿河区 代表:林 雅広)は、もっと魚をたべてほしいとの願いから毎月10日に制定された「魚(とと)の日」に合わせて、全国で毎週約40万部を発行するメニューブック『すまいるごはん』の6/8号でおすすめ魚メニューを特集します。

■魚介類の年間消費量は年々減少。一方で「調理に手間をかけずに手軽に魚を食べたい」ニーズも強い

[画像1: https://prtimes.jp/i/36699/77/resize/d36699-77-107552-0.png ]

日本の魚介類の1人当たりの年間消費量は2001年度をピークに年々減少しており、2017年度にはピーク時の6割程度の消費量となっています。年齢階層別の魚介類の摂取量をみると、若い層ほど摂取量が少なく、特に40代以下の世代の摂取量は50代以上の世代と比べて顕著に少なくなっています(※1)。
※1 水産庁『平成30年度水産白書』
https://www.jfa.maff.go.jp/j/kikaku/wpaper/h30_h/trend/1/t1_3_4_2.html


一方、消費者の間にはもっと魚を食べたいという意識も根強くあります。主菜となる各食材について、今後の摂取量に関する意向を尋ねた日本政策金融公庫による調査では、魚介類の摂取量を増やしたいとの回答が肉類を大きく上回りました。その反面で、調理することについての考え方では、「できるだけ簡単にしたい」との回答が「おいしいものを作りたい」等を上回って最も多くなり、簡便化志向が強いことが伺われます(※2)。

あわせて読みたい

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月28日のリリース記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。