TIS、東京都の「AIとIoTにより認知症高齢者問題の解決を目指す研究」に参画

TIS、東京都の「AIとIoTにより認知症高齢者問題の解決を目指す研究」に参画
       
新しいセンサーネットワーク通信を研究開発

TISインテックグループのTIS株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役会長兼社長:桑野 徹、以下:TIS)は、国立大学法人電気通信大学(所在地:東京都調布市、学長:田野俊一、以下:電通大)が東京都の「大学研究者による事業提案制度」に提案し、採択されたテーマ「AIとIoTにより認知症高齢者問題を多面的に解決する東京アプローチの確立」(以下:本提案)に参画することを発表します。

TISは、本提案の対象領域である「少子・高齢化等を見据えた東京のまちづくり」にIT技術を活用して参画します。本研究の中では、IoTデバイスおよびBAN(Body Area Network)型※1ウェアラブル機器を活用する新しいネットワーク規格の設計・実装に加え、センサーの近くに分散配置された計算機で効率的な計算を実現するエッジコンピューティング実現を目指します。

<認知症症状の発症予測、発症前に通知してケアする「東京アプローチ」のイメージ>
[画像: https://prtimes.jp/i/11650/807/resize/d11650-807-942687-0.png ]

TISでは、「コア技術戦略」に基づきITによる社会課題解決の取り組みとして、ヘルスケア(健康増進)領域における情報システムの研究開発を行っており、本提案への参画もその一環です。
センサーから得られた生体データをクラウドに蓄積するためのエッジシステム、データ利活用のための情報プラットフォーム、センサーネットワークを活用し、スマートシティの実現、住民のQoL(Quality of Life)やADL(Activities of Daily Living)向上に資する技術開発に、TISでは取り組んでいます。

あわせて読みたい

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月10日のリリース記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。