働き方改革アプリのレッドフォックス 日本初※ “主観付き”業務報告書で特許出願!デジタルコミュニケーションで抜け落ちる情報を補完し、リモートワークに「生産性を高める雑談」を!

働き方改革アプリのレッドフォックス 日本初※ “主観付き”業務報告書で特許出願!デジタルコミュニケーションで抜け落ちる情報を補完し、リモートワークに「生産性を高める雑談」を!
拡大する(全1枚)
※レッドフォックス株式会社調べ 2020年7月現在

スマホ型働き方改革アプリ「cyzen(サイゼン)」を展開するレッドフォックス(本社:東京都千代田区)は、この度新機能として「業務報告書に主観レベルをつけられる」特許を申請しました。 この新機能は、一人一人の「主観」=本人の「認識、視点、意見」を見える化することで、部下と上司、メンバー間のより精緻で生産的なコミュニケーションを創出します。


[画像1: https://prtimes.jp/i/42959/121/resize/d42959-121-375464-3.png ]

従来のデジタル報告書では、デジタルであるが故に対面でのコミュニケーションと比して様々な情報が欠落していました。コロナ禍のリモートワーク推進でますます失われるとみられる"生産性を高める雑談"や"相手の状態を読み取る"というコミュニケーションの土台を「主観付き報告」で補填し、機会損失の回避、チームや組織全体の成功を後押しする価値を産み出します。

【特許の特徴】
・出退勤報告書や業務報告書等に「報告に対する主観情報」をユーザの手間を増やさずに埋め込める。
・送信は1日複数回が基本。週間、月間でなく、日々の活動一つ一つの報告についての主観を逐一付与し、細かく情報を取得できることをねらう。
[画像2: https://prtimes.jp/i/42959/121/resize/d42959-121-404603-0.png
編集部おすすめ

当時の記事を読む

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

リリースニュースランキング

リリースランキングをもっと見る
お買いものリンク