CEO夫妻のコロナウイルス感染入院を乗り越えた株式会社ジェニオ、リモートワークAI翻訳ツールKiaraで6000万円を資金調達

CEO夫妻のコロナウイルス感染入院を乗り越えた株式会社ジェニオ、リモートワークAI翻訳ツールKiaraで6000万円を資金調達
拡大する(全1枚)
時価総額2兆円企業Slackとの提携アプリで世界1500社(うち国外1000社)を獲得。すでに約1億文字のグループチャットビッグデータを保有。

NYSE上場のグループチャットツールSlackの提携アプリとして、リアルタイム100ヶ国語翻訳ツール「Kiara(読み:キアラ)」を販売する株式会社ジェニオ(所在地:東京都渋谷区、 代表取締役:石井大輔)は、 4月のCEO夫妻のコロナウイルス感染と入院を克服し、エンジェル3人・(株)キングダム(岡山市)・借入により6000万円の資金調達を完了いたしました。

[画像: https://prtimes.jp/i/27325/5/resize/d27325-5-595121-0.jpg ]

■資金調達の背景
コロナウイルスのリモートワーク増加で分散化する職場において、多言語コミュニケーションが問題になっています。KiaraはグループチャットSlackとシームレスに繋がるChatbotアプリで、100ヶ国語の同時翻訳を提供しています。CEO石井は自身の伊藤忠商事ミラノ駐在時代の”大量の翻訳は非常に疲れる”という問題をKiaraで解決しました。
2019年のKiara発売以来、当社はシリコンバレーの提携先であるSlack世界会議”Slack Frontier”やバリ島の世界リモートワーク会議”Running Remote”出席など積極的にグローバル展開を進めてまいりました。ユニコーン企業のスマートニュース、大手自動車会社、通信会社FinTech部門、政府の研究機関、フランスと米国のコロナウイルス対抗ハッカソンなどお客様は1,500社に広がりました。顧客比率は日本50%、米国15%、韓国15%、その他海外20%になります。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

リリースニュースランキング

リリースランキングをもっと見る
お買いものリンク