うつ病にさせないためのコンソーシアム  「コロナうつゼロ次予防対策」として「うつ病にさせないためのアドバイザー」による現場の取組・実践成果を公開

うつ病にさせないためのコンソーシアム  「コロナうつゼロ次予防対策」として「うつ病にさせないためのアドバイザー」による現場の取組・実践成果を公開
「うつ病にさせないためのアドバイザー」が具体的に現場に戻ってどのような取組を行っているか?どのような実践成果がでているか?などYouTubeで対談形式を行うことも含め公開してゆきます

「うつ病にさせないためのコンソーシアム」(設立2019年1月 代表幹事:一般社団法人日本疲労メンテナンス協会(代表理事 時任春江)、エルイーシー合同会社(代表 河合直人))は、9月10日から16日までの「自殺予防週間」に合わせ、昨年より当コンソーシアムが行っている、「うつ病にさせないためのアドバイザー養成会」に参加したアドバイザー(1年半で300名以上輩出)の実践内容・成果を公開します。それにより、うつ病についての偏見をなくし、エビデンスに基づいた具体的なうつ病予防方法の考え方を広め、自殺予防の一助とします。

>背景・目的
日本の保健教育では40年以上「うつ病」について学ぶ機会がなく、結果「心が弱い」「ダメ人間・嘘つき」「一度なったら排除」など偏見も多く、またその知識不足は、職場の上司にも多く見受けられ、企業の安全配慮義務対策という考え方だけでなく、真にうつ病を予防するという意識が出てこないことが問題となっています。さらに、
[画像1: https://prtimes.jp/i/52190/5/resize/d52190-5-359482-0.png ]

新型コロナの出現によってリモートワークなど職場環境の変化、医療職場におけるストレスの増大、企業業績の悪化による職場風土の変化、家庭内因子による仕事意欲の低下など、これまでにない多くのストレスにより「コロナうつ」も深刻さを増し、一層うつ病発症へ拍車がかかることが懸念されます。また、「うつ病は本人の自覚がほとんどない疾患」であることから、義務化されているストレスチェックだけでは予防は難しく、また「周りの支え」が非常に重要なことであります。したがって、より多くの方が、納得できるうつ病予防を学び、多くの人に広めることが重要になると考え今回の提案に至りました。

当時の記事を読む

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

総合ランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年8月24日のリリース記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。