Imperva、 最新版RASPの提供を開始

Imperva、 最新版RASPの提供を開始
拡大する(全1枚)
クラウド環境利用を前提とした資産に必要なセキュリティを単純化し、動作データを包括的・持続的に可視化

アジア太平洋地域のユーザーは最新版のRASPを通じて、プログラミング言語に依存しない自動的なセキュリティの確保と柔軟な保護の実現が可能に

プレスリリース
2020年8月27日

オンプレミス、クラウド、ハイブリッド環境全体に最高のサイバーセキュリティソリューションを提供する株式会社 Imperva (本社:米国カリフォルニア州、最高経営責任者:パム・マーフィー)は、本日、Runtime Application Self-Protection (RASP) の最新版を発表しました。クラウド上での利用を前提とした、動的なアプリケーションを保護し、導入を容易にするアーキテクチャ上の変更が最新版の主な特徴です。このリリースはImperva Attack Analysis マシーンラーニングプラットフォームを増強するものであり、Imperva Cloud WAFとクラウドデータセキュリティとの協業を可能にして、日本と中国でのサービス展開を開始します。

アプリケーションがクラウド環境での利用を前提としている場合、セキュリティについては開発者が事後検討することが多く、新しいインタープリタ型のプログラミング言語で書かれたアプリケーションへの対応が複雑すぎるという課題があります。以前から利用されていたセキュリティコントロールは、開発段階からセキュリティコントロールが複数のクラウドやサービスに組み込まれるアプリケーション開発のペースに対応しておらず、継続的に活用していくことは難しいと言わざるを得ません。

当時の記事を読む

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

総合ランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク