「新たなJTBワークスタイル」の実現に向け新制度を制定

「新たなJTBワークスタイル」の実現に向け新制度を制定
       
~ふるさとワーク制度、勤務日数短縮制度、副業ガイドライン、ワーケーション勤務~

株式会社JTBでは、ニューノーマル時代の働き方―「新たなJTBワークスタイル」の実現に向け、テレワーク勤務関連諸制度を拡大するとともに、働く時間や場所の柔軟性を高める新たな制度を導入しました。


◆「新たなJTBワークスタイル」によりJTBが目指すもの
1.時間や場所に縛られない柔軟な働き方
2.デジタル×リアルを駆使したハイブリッドな働き方
3.社内外における交流促進により、自由闊達な風土とイノベーション創出
4.業務効率化促進による生産性向上
5.ワークとライフのバランスにより、社員の働きがいや働きやすさの向上

 JTBでは、これまで、労働時間に柔軟性を持たせた働き方の推進や在宅勤務制度・ワーケーションの導入など、働き方改革を通じて、生産性の向上と働きやすさの追求による社員のエンゲージメント向上に取り組んでまいりました。

 コロナ禍以前は、在宅勤務制度やワーケーションを利用する社員は一部にとどまっていましたが、緊急事態宣言中は店頭営業など一部の職種を除いてほぼテレワーク勤務を実施しました。本年6月におこなった全社員を対象とした「在宅勤務に関するアンケート調査」(回答者数9,688名)では、回答者のうち51%の社員が在宅勤務を経験し、在宅勤務経験者のうち73%の社員が、在宅勤務において「生産性が高まった、または低下しない」と実感していることが分かりました。さらに在宅勤務経験者の90%以上が、今後も在宅勤務を取り入れた働き方を希望しており、これまで在宅勤務経験がない店頭販売や電話販売業務に携わる社員でも、68%の社員が在宅勤務を取り入れた働き方を希望していていることが分かりました。この結果を受け、現在も出社とテレワークを組合せたハイブリッドな働き方を推進しています。

あわせて読みたい

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

総合

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月28日のリリース記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。