船橋市とイオン株式会社との「包括連携協定」締結について

船橋市とイオン株式会社との「包括連携協定」締結について
拡大する(全1枚)
千葉県船橋市(市長:松戸 徹)とイオン株式会社(取締役兼代表執行役:吉田昭夫)は、より緊密な連携を図り、地域の一層の活性化及び市民サービスの向上を図るべく、本日、包括連携協定を締結しました。

船橋市とイオンは、包括連携協定において、計11項目にわたる幅広い分野でより緊密な連携を図ってまいります。

本協定の取り組みの一環として、イオンは12月1日(火)よりご当地WAONカード「ホームタウンふなばし WAON」を発行いたします。カードの表面は、船橋市をホームタウンとするバスケットボールクラブ「千葉ジェッツふなばし」と、ラグビーチーム「クボタスピアーズ」をモチーフとしています。

「ご当地WAON」は、イオンの電子マネー「WAON」の一種で、地域社会に貢献するという企業理念に基づき、2009年に発行を開始いたしました。「ホームタウンふなばしWAON」カードを全国約75万カ所のWAON加盟店でご利用いただくと、そのお支払い金額の一部をイオンが船橋市に寄付し、スポーツを通じた健康づくり、まちづくりにお役立ていただきます。

2019年に船橋市とイオンは地域見守り事業の協力に関する協定を締結しました。今回の包括連携協定を機に、船橋市とイオンはこれまで以上に連携し、地域の活性化や 市民の皆さまへの新しいサービスの創出に取り組んでまいります。

【包括連携協定の概要】

(1) ICカードを活用した地域振興に関すること

当時の記事を読む

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

総合ランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月17日のリリース記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。