監視プラットフォーム『MetricFire』が、SRE支援サービスを提供する『スリーシェイク』とパートナーシップを締結

監視プラットフォーム『MetricFire』が、SRE支援サービスを提供する『スリーシェイク』とパートナーシップを締結
企業の監視の構築・運用を支援するサービスの提供を開始

時系列データの監視プラットフォームを提供するMetricFire, Inc.(本社:米国 ネバダ州ラスベガス、CEO:Evan Parker、以下「MetricFire」)は、SRE特化型コンサルティング事業「Sreake(スリーク)」を提供する株式会社スリーシェイク(本社:東京都千代田区、代表取締役社長: 吉田 拓真、以下「スリーシェイク」)とパートナーシップを締結し、企業のコンテナ監視の実現を支援するサービスの提供を開始することをお知らせします。

[画像: https://prtimes.jp/i/69327/1/resize/d69327-1-470103-0.png ]


パートナーシップ締結の背景


昨今、Dockerを始めとしたコンテナ技術の注目が集まり、コンテナの利用需要が大きくなってきています。その一方で、コンテナに特化した新しい監視ツールも開発され、Prometheusという新しい監視ツールも生まれました。しかし、KubernetesでもPrometheusの使用は推奨されていますが、規模が大きくなるとデータの長期保管やスケーリングなどの運用面での課題が浮き彫りになります。

そこで、コンテナネイティブのSRE支援事業を行うスリーシェイクと、Prometheusのデータの長期保管と水平スケーリングを可能としたHosted Prometheusソリューションを提供するMetricFireが、双方の強みを生かし、企業のコンテナ監視事業の構築・運用を支援するサービスの提供を開始することで合意しました。

当時の記事を読む

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

総合ランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月25日のリリース記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。