置き風りんで邪気ばらい

置き風りんで邪気ばらい
拡大する(全1枚)
伝統工芸高岡銅器の技が生むおりんの響き

富山県高岡市で110余年、神仏具、美術銅器の制作卸を営んでいる株式会社山口久乗(本社:富山県高岡市内免、代表取締役社長:山口康多郎)は、場を整え、邪気をはらうといわれているおりんで屋内用の置き風りん「かざりん」を発表します。

■商品について
「かざりん」
[画像1: https://prtimes.jp/i/35314/4/resize/d35314-4-716210-0.jpg ]

透明感のある涼やかな音が邪気をはらい、その空間が清められる心地がする置き風りんです。

昨今の生活スタイルや価値観の多様化に伴い、除夜の鐘やラジオ体操など、様々な日本の音の風物詩が、近所迷惑ということで大きく変化しています。軒先に風りんを吊るすのも、地域によってはさしひかえられるようになってきました。「かざりん」は、お部屋の設えとしての置き風りんなので、誰に憚ることなく、季節にかかわらず、その清らかな音色を楽しむことができます。「富山県推奨とやまブランド」に認定された「久乗おりん」の最新作です。
受賞歴:2020年度全国伝統的工芸品公募展 入選


■おりんなど鳴りがねの由来
古来よりおりんや鐘の音は邪気をはらうと信じられてきました。
中国の唐の時代、占風鐸(せんふうたく)という占いがありました。竹林の東西南北に、風鐸という青銅でできた鐘のようなものを吊るし、風の向きや音の鳴り方で物事の吉凶を占って、政治・祭祀等が行われていたそうです。

当時の記事を読む

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

総合ランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク