2020年 グローバルサプライヤスタディ

2021年2月、東京・ミュンヘン発―ローランド・ベルガーは、グローバルアドバイザリーファームのラザードと共同で毎年実施している広範な自動車部品産業に関するスタディ、「2020年 グローバルサプライヤスタディ」を公表いたしました。今回は、これまでのCASEトレンドに加えて、COVID-19の影響も踏まえて、サプライヤ産業における現状分析と勝ち残りに向けた要件、アクションについて論じております。

要旨
2020年上半期にはCOVID-19の影響で自動車生産台数が大幅に減少し、2020年上半期にはサプライヤの収益が最大25%以上も減少するという予想外の事態が発生した。中国はCOVID-19ショックから比較的早く回復したが、世界的な量的損失を補うことはできなかった。

売上高の減少は業界全体のEBITの崩壊を引き起こしたが、サプライヤは2020年の最初の6 ヶ月間に平均で約2%のプラスのEBITマージンを確保した。その結果、負債のレバレッジレベルは過去最高に上昇し、特に小規模なサプライヤにとっては負債と株式の資金調達がより困難になった。

電動化とコネクティビティへのシフトをさらに加速させる政府の取り組みにより、新たなモビリティ・エコシステムに向けた業界の道のりは、今後も変わらないと予想される。COVID-19は、多くのサプライヤが自らを再配置し、勝者として危機から抜け出す機会を提供している。

2008/09年の危機後のサプライヤの発展を分析した結果、当社の「勝者」フレームワークは、成功は主に製品の領域や地域によって決まるものではないことを示している。市場でのリーダーシップ、財務力、結果を重視した実行からなる全体的な戦略が、包括的な成功要因である。

当時の記事を読む

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

総合ランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年2月10日のリリース記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。