【みずほ福祉助成財団より介助犬広報活動車両導入の助成】社会福祉法人日本介助犬協会

【みずほ福祉助成財団より介助犬広報活動車両導入の助成】社会福祉法人日本介助犬協会
障害児者の方々の福祉向上に寄与する活動に取り組む公益財団法人みずほ福祉助成財団は、この度2020年度社会福祉助成事業の一環で、社会福祉法人日本介助犬協会に広報活動用車両の導入費用の助成を行った。

[画像1: https://prtimes.jp/i/58195/46/resize/d58195-46-908414-0.jpg ]


手や足に障害をかかえる方の日常生活をサポートする介助犬を育成する日本介助犬協会(以下、協会)。全国で介助犬ペアはまだ57組しかいなことに比べて、介助犬がいればより豊かな生活ができる肢体不自由者は全国で15,000人いると言われている。この潜在的な当事者の間でも認知度が低いことが大きな課題となっている。この課題に向き合い、全国各地でイベントや講演会に参加し、介助犬の必要性を広めるべく協会は広報啓発活動に力を入れている。身体障害者補助犬法のもと、介助犬は公共交通機関を利用することが認められているが、広報啓発活動に職員と同伴し介助犬デモンストレーションで介助動作を披露するためのPRを行うPR犬は公共交通機関の利用ができず、遠方の講演でも職員が車両を使って出向いている。コロナ禍以前は年間約300件のイベント・講演活動を行っており、その活動を支える車両は極めて重要なツールと言える。
また、介助犬の1頭あたりの育成費用は240万円から300万円と言われ、その9割以上が一般の団体・個人からの寄附・募金・チャリティーグッズの売り上げで賄われている。その不安定な収入源を元手に大きな出費をすることにはリスクが伴うため、協会は各種助成金を受け取るべく活動を行っており、この度初めて同財団より助成金の採択を受けた。

当時の記事を読む

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

総合ランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年2月18日のリリース記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。