笠間焼・丹波立杭焼・美濃焼の展示「炎と筆の競演2020」、目黒区美術館 区民ギャラリーにて2月24日より開催
拡大する(全1枚)
一般社団法人日本デザイン・陶藝研究協会(所在地:東京都千代田区、代表者:佐々木歩美)は、伝統的工芸品の笠間焼・丹波立杭(たんばたちくい)焼・美濃焼が中心の展示「炎と筆の競演2020」を、目黒区美術館 区民ギャラリーにて、2月24日(水)~28日(日)まで開催致します。
◆「炎と筆の競演2020」詳細はこちら:http://tri-com-art.or.jp/posts/activity9.html

 目黒区美術館では、3回目の開催となり、現代作家をはじめ人間国宝の先生の作品の展示会です。異なる作風の作品が一堂に集まることで、それぞれの産地ならではの面白さ・楽しさを皆様に提示できるものと考えております。会場では陶磁器の作品展示のみでなく、各産地の作家さんの作陶風景などの映像を放映いたします。
 お近くにお越しの際は、ご来場くださいませ。

【展示会名】炎と筆の競演2020
【 主催 】一般社団法人 日本デザイン・陶藝研究協会
【特別企画協力】ゆうらホールディングス株式会社
【開催期間】令和3年2月24日(日)~28日(日)
 10:00~18:00(最終日は14:00)
【開催場所】目黒区美術館 区民ギャラリー
      〒153-0063 東京都目黒区目黒2-4-36
     (https://mmat.jp/access/index.html
【入場料】 無料
[画像1: https://prtimes.jp/i/47711/2/resize/d47711-2-767938-0.jpg