モダン・アジアン・レストラン「Longrain TOKYO」から一度見たら忘れられない色鮮やかな青いご飯を使ったヘルシーなライスサラダ「カオヤム」を新定番メニューとして3月6日(土)から提供スタート!
拡大する(全1枚)
[画像: https://prtimes.jp/api/file.php?c_id=40062&t=animationGifImage&f=agd-40062-77-1.gif&img_id=1614233381023 ]

恵比寿ガーデンプレイスタワー39階に店を構えるモダン・アジアン・レストラン「Longrain TOKYO(ロングレイン トーキョー)」では、一度見たら忘れられない色鮮やかな青いご飯を使ったヘルシーなライスサラダ「カオヤム」を3月6日(土)より提供することが決定しました。

タイのライスサラダ「カオヤム」は、カオ=ご飯、ヤム=混ぜるを意味するタイ南部の家庭料理の一つで、見た目のインパクトからは想像できないヘルシーで爽やかな味わいです。
Longrain TOKYOでは旬の食材を使用し季節ごとに具材を変えて提供いたします。印象的な青色をしたご飯は、タイではハーブティーなどで広く親しまれている”バタフライピー”をジャスミンライスと一緒に炊き上げることで色鮮やな青に着色。周りを彩る12種の具材には、しっかりと味付けをされたふっくらジューシーな“サーモンの味噌と山椒のマリネ”をはじめ、香ばしさを加える”干しエビ“や、アジアン特有の甘み付けに”フレッシュパイナップル“、程よい辛味の”チリ“などの他、”赤タマネギのピクルス“で食感のアクセントを加えました。