株式会社ANDART、アートへの興味や購入経験に関する調査結果を発表。NFTアート認知者の約7割がNFTアートの購入に前向き。

株式会社ANDART、アートへの興味や購入経験に関する調査結果を発表。NFTアート認知者の約7割がNFTアートの購入に前向き。
拡大する(全1枚)
日本初、アート作品の共同保有プラットフォーム「ANDART」を運営する株式会社ANDART(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:松園詩織)は、この度アートへの興味や購入経験に関するインターネット調査を2021年5月に実施しましたので、結果を報告いたします。


トピック


・回答者の5割弱が、NFTアートについて認知。
・NFTアートを知っていると回答したうちの約7割が購入を検討。
・アート購入金額のボリュームゾーンは1~5万円と10~50万円。
・アートの購入経験者は年収400~600万円が最も多く、30代・40代が全体の6割を占める。


調査概要

調査対象:ANDARTユーザー
集計方法:インターネット調査
調査期間:2021年5月26日~6月1日
回答数:230件


調査結果

・アート購入経験者の年収と年齢

[画像1: https://prtimes.jp/i/42284/101/resize/d42284-101-ccf1c6dbb603435b86f1-8.jpg ]

アートの購入経験者は年収400~600万円が最も多く、30代・40代が全体の6割を占めています。

Q. 今までアート作品の購入に充てた金額を教えてください。

[画像2: https://prtimes.jp/i/42284/101/resize/d42284-101-3d2bfd8cafbce2c1e01b-5.png ]

アート購入金額のボリュームゾーンは1~5万円と10~50万円。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

リリースニュースランキング

リリースランキングをもっと見る
お買いものリンク