農業用フィルムの市場規模、2026年に157億米ドル到達予測

COVID-19の農業用フィルム市場への影響

COVID-19パンデミックの影響による、農業活動の鈍化により、農業用フィルムの需要も減少し、2020年の農業用フィルムの成長率はマイナスとなりました。しかし、産業活動は徐々に回復し、2020年第4四半期末には、多くの産業が政府の定めたガイドラインに沿って活動を始めました。農業用フィルムは、今後プラス成長が見込まれています。

牽引要因:世界的農業生産高の増加

2030年までに、世界人口は85億人に達すると予測されています。東欧、中央アジア、ラテンアメリカ、その他のアジア諸国では、急速な人口増加に伴い、食料需要が増加すると考えられます。農産物の急激な需要の増加は、管理された農業や、温室、マルチング、サイレージなどの技術により達成されます。農業用フィルムは、土壌侵食の最小化、栄養分の供給、地温の上昇、雑草の成長の抑制など、作物の品質を向上させ、農業生産性を高めるのに役立ちます。そのため、農業生産量を増加する必要性が、農業用フィルムの需要を促進する役割を果たしています。

抑制要因:プラスチックの環境への悪影響

プラスチックは、効率性、安全性、低コストなどの特徴があり、農業分野で多く使用されています。しかし、その反面、地球温暖化や汚染の原因にもなっています。ほとんどの農家では、プラスチック素材を適切に廃棄していません。プラスチックフィルムの不適切な廃棄は、水路を詰まらせたり、機器に絡みついたり、家畜や野生動物に危険をもたらします。また、プラスチックは燃焼時にダイオキシンや重金属、粒子状物質を放出し、大気汚染の原因となるほか、植物の光合成を妨げます。欧州や北米の政府は、これらの懸念からプラスチックの使用を禁止しており、各国政府は、農業における分解可能なプラスチックの使用を促進する取り組みを行っています。

当時の記事を読む

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

総合ランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク