DSM、植物由来の高性能ポリアミドEcoPaXX(R) B-MB PA410を日本精工の転がり軸受用保持器に提供

日本初となるバイオプラスチックの導入事例

栄養、健康、サステナブルな暮らしの分野で意欲的に活動するグローバルサイエンス企業であるRoyal DSMは、植物由来の高性能ポリアミドEcoPaXX(R) B-MB PA410が日本精工株式会社(以降、日本精工)の転がり軸受用耐熱樹脂保持器に採用されたことを発表しました。植物由来の材料を使用した転がり軸受用耐熱樹脂保持器は世界初となります。

DSMエンジニアリングマテリアルズ事業部門では、2030年までに、植物由来または、リサイクルベースの製品を、すべての製品群に導入することを発表し、お客様やパートナー様のサステナビリティ実現に貢献しています。

DSMの植物由来のEcoPaXX(R)は、トウゴマといった植物由来のモノマー(化学基礎原料)が重合原料となり、70%植物由来の高性能ポリアミドPA410です。さらに、バイオマスバランシング方式により、100%植物由来のEcoPaXX(R)B-MBグレードも2019年に上市してます。この度、日本精工の転がり軸受用耐熱樹脂保持器にEcoPaXX(R)B-MBグレードが採用されました。EcoPaXX(R)は、機械特性に優れているため、従来の耐熱樹脂保持器であるPA66製保持器と同等もしくはそれ以上の性能を発揮します。今後、幅広いお客様への製品提案により、日本政府が目指している2050年までに温室効果ガスの排出を全体としてゼロにする、2050年カーボンニュートラル、脱炭素社会の実現に貢献していきます。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

リリースニュースランキング

リリースランキングをもっと見る
お買いものリンク