ブラザー、水素柱上パイプライン輸送実証事業を今年度も開始

ブラザー、水素柱上パイプライン輸送実証事業を今年度も開始
拡大する(全1枚)
2022年度の社会実装実現に向けた具体的な検討フェーズへ

ブラザー工業株式会社(社長:佐々木一郎)は、今年度も福島県浪江町における水素エネルギー活用促進に向けた水素柱上パイプライン輸送実証事業を福島県浪江町より受託。2021年度における実証実験場の準備を完了し、10月5日より本格的な実験を開始する。

[画像1: https://prtimes.jp/i/11621/434/resize/d11621-434-21af6c6f5c85826f6360-0.jpg ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/11621/434/resize/d11621-434-5cbe818827f78cd71de2-1.jpg ]

ブラザーでは、2018年に水素を燃料とする燃料電池市場へ参入し、製品の開発に取り組んでいる。2020年には、燃料電池を開発する企業としての知見を生かしながら、株式会社巴商会と国立大学法人横浜国立大学とともに3者共同企業体として本実証事業を推進し、水素柱上パイプラインのシステム提案を行い、性能や安全性の検証や法規制の整理、活用モデルの検討などを行った。

2年目となる今年度は、2022年度の社会実装を目標として、昨年度同様3者共同企業体でさらなる実証実験を行う。燃料電池の稼働台数を1台から5台に増やし、パイプラインを360mから1080mに延長する他、実装を想定して分岐を設けることなどが予定されている。さらに、課金方法の検討やリスクアセスメント、敷設コストの検討など、社会実装の実現に向けた具体的な検討フェーズへ移行する。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

リリースニュースランキング

リリースランキングをもっと見る
お買いものリンク