雅楽と現代のダンサーの競演 伶楽舎×森山開次『雅楽で舞う 雅楽と踊る』上演決定 カンフェティでチケット発売

雅楽と現代のダンサーの競演 伶楽舎×森山開次『雅楽で舞う 雅楽と踊る』上演決定 カンフェティでチケット発売
拡大する(全1枚)
伶楽舎(東京都新宿区)主催による伶楽舎×森山開次『雅楽で舞う 雅楽と踊る』が2021年11月30日 (火)にテアトロ ジーリオ ショウワ(神奈川県川崎市)にて上演されます。チケットはカンフェティ(運営:ロングランプランニング株式会社、東京都新宿区、代表取締役:榑松 大剛)にて発売中です。

カンフェティでチケット発売開始
https://www.confetti-web.com/detail.php?tid=63337&

公式ホームページ
http://reigakusha.com/home/concert/4046

[画像1: https://prtimes.jp/i/13972/540/resize/d13972-540-01b6bcc6cbe94c537c90-0.jpg ]


[画像2: https://prtimes.jp/i/13972/540/resize/d13972-540-fdcbac8bb5cb84e4329b-1.jpg ]


■第一部 古典雅楽―舞楽
舞楽 青海波
舞楽 陵王

演奏=伶楽舎

■第二部 現代雅楽×ダンス
権代敦彦作曲 彼岸の時間
猿谷紀郎作曲 綸綬

演奏=伶楽舎
ダンス=森山開次/碓井菜央、梶田留以、引間文佳、南帆乃佳

※初演情報  国際交流基金主催 ジャポニスム2018:響きあう魂(企画 KAJIMOTO)

雅楽で舞う 雅楽と踊る伶楽舎×森山開次
2018年は雅楽にとって変革の年だった。なぜなら世界の芸術の中心であるフランス・パリに、二つの重要な雅楽団体がほぼ同時に来たことで、日本には複数形の《雅楽》があるということが世界に知れ渡ったからである。周知のように、1955年に重要無形文化財に指定された《雅楽》は、宮内庁式部職楽部の上演に限ると定められており、これに基づいて2009年のユネスコの無形文化遺産のリストにも楽部のみが登録された。こうした背景から、世界では楽部が「正統」と宣伝される傾向が強まっている。ところが、フランスの「正統」である国立フィルハーモニー・ド・パリの大ホールでは、2018年9月に<皇室の雅楽>(楽部)、10月に<雅楽>(伶楽舎×森山開次)が上演された。そして終了時に「ブラボー」が連呼されたのは、後者であった。一つの雅楽の宇宙を描く伶楽舎と、その宇宙で舞う森山開次に魅了された聴衆は、《雅楽》の現在と未来を瞬時に理解したのだ。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

リリースニュースランキング

リリースランキングをもっと見る
お買いものリンク