世界の外部心室ドレーン市場ーアプリケーション別(外傷性脳損傷、くも膜下出血、脳内出血、その他の非外傷性水頭症状態)および地域別ー予測2022ー2030年

世界の外部心室ドレーン市場ーアプリケーション別(外傷性脳損傷、くも膜下出血、脳内出血、その他の非外傷性水頭症状態)および地域別ー予測2022ー2030年
拡大する(全1枚)
SDKI Inc.が「世界の外部心室ドレーン市場ー予測2022ー2030年」の新調査レポートを2021年10月27日に発刊しました。レポートは、業界の新ビジネスチャンスとともに、市場とその成長見通しの完全な評価を提供します。さらに、2022ー2030年の予測期間中の市場規模と年間成長率が含まれています。

レポートのサンプルURL
https://www.sdki.jp/sample-request-91681

外部心室ドレーン市場は、2022年に61.4億米ドルの市場価値から、2030年までに102.5億米ドルに達すると推定され、2022-2030年の予測期間中に7.6%のCAGRで成長すると予想されています。

[画像: https://prtimes.jp/i/72515/1328/resize/d72515-1328-d558922fc6e557a435a9-1.png ]

調査レポートの詳細内容について
https://www.sdki.jp/press-details/global-external-ventricular-drain-market/38

脳室開窓術または脳室外ドレナージとしても知られる外部心室ドレナージ(EVD)は、脳神経外科集中治療室で行われる医療処置です。外部脳室ドレーンは、過剰な脳脊髄液を排除し、心室ドレナージセットを利用して頭蓋内圧を維持するために使用されます。脳室内ドレナージセットは、頭蓋内圧亢進症、重度の閉鎖性頭部外傷、一過性の閉塞性水頭症、脳室内またはくも膜下出血、脳脊髄液の炎症性疾患など、いくつかの病状に適用されます。これには、病状の治療に役立つドレナージバッグ、カテーテル、モニターが含まれています。これは、予測期間中に外部心室ドレーン市場の成長を推進する重要な要因になると予想されます。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

リリースニュースランキング

リリースランキングをもっと見る
お買いものリンク