【ビバホーム】宗像市と「緊急時における物資の供給等に関する協定」を締結
拡大する(全1枚)
株式会社ビバホーム(社長:坂本晴彦、さいたま市浦和区)は、4月26日(火)宗像市(福岡県)と「緊急時における物資の供給等に関する協定」を下記の通り締結したことをお知らせいたします。

本協定の趣旨
災害等の緊急時に宗像市の要請に協力し、被災者に対して物資の供給及び施設の提供をするために必要な事項を定める

対象店舗
スーパービバホーム赤間店(以下、本件店舗)

災害時の支援活動
1:緊急時の宗像市の要請に対して、本件店舗において取り扱う物資を供給する。
2:避難者が使用する車両の一時的な駐車場所として本件店舗の駐車場及びその付帯施設を利用する。


尚、本協定により、弊社が自治体と締結した災害協定は計56件となりました。
今後も地域の皆様の安心・安全のため、各自治体との協力体制強化の取り組みを拡大してまいります。


スーパービバホーム赤間店について

[画像: https://prtimes.jp/i/82655/30/resize/d82655-30-dd0ae91a7bf9f69c76ad-0.png ]

スーパービバホーム赤間店は、地域の皆様の防災拠点としての役割を担うべく、店内では防災用品の特設売り場を常時設けLCP (Life Continuity Plan:生活継続計画、災害が起きても普段通りの生活を維持できるように日頃から各家庭で備えておくこと。)の提案に注力しています。また、店舗の災害対策設備として「自家発電設備」、を完備し、停電下においても資材、生活物資の販売を行います。


お問い合わせ先
株式会社ビバホーム IR広報室
TEL:070-3161-8983(小林) 070-3192-5605(渡部)

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ