Minecraftカップ2022全国大会 ~全国から教育版マインクラフトの作品を募集!今年のテーマは「生物多様性」 エントリー受付開始~
拡大する(全1枚)
【公式サイト】https://minecraftcup.com/

Minecraftカップ全国大会運営委員会は、世界各国の教育現場で活用されている「Minecraft: Education Edition(教育版マインクラフト)」を使用して、全ての子どもたちがプログラミング教育やデジタルなものづくりに触れることのできる機会を創出し、子どもたちのプログラミング思考の醸成を目指すため、2022年5月31日(火)よりプログラミング作品コンテスト「Minecraftカップ2022全国大会」を開催いたします。

[画像1: https://prtimes.jp/i/73971/11/resize/d73971-11-01c61181dc2250259601-20.jpg ]

Minecraftカップ(以下、本大会)とは、学校教育の現場でも使われている「教育版マインクラフト」を使い、テーマに沿って作られたワールドを全国・世界から募集、内容を競い合う大会です。
今回で4回目となる本大会は、過去のべ7,742名の子どもたちからのエントリーがありました。

21世紀を生きる子どもたちは、問題解決能力やコラボレーションといった、不確かな時代を生きるために必要なスキルが求められています。

日本でも、2020年から小学校においてプログラミング教育が必修化され、プログラミング体験を通してプログラミング的思考を育み、また身近な問題発見・解決にコンピュータやソフトウェアの働きを活かし、よりよい社会をつくっていく態度を養成することが期待されています。