揚羽、株式会社IHIの採用支援事例を紹介。

コーポレートブランディング支援を行う株式会社揚羽(東京都中央区 代表取締役社長:湊 剛宏 証券コード:9330 以下「弊社」)は、株式会社IHI(東京都江東区 代表取締役社長:井手 博 以下「同社」)の新卒採用向けインターンシップ特設サイトのリニューアルにより、同社の採用課題であった機械系職種以外からの応募者増加に繋がったプロセスと効果についてご紹介します。

[画像: https://prcdn.freetls.fastly.net/release_image/38921/142/38921-142-ef62eec4805ab7ed6d8dc4a21a94cdda-1911x911.png?width=536&quality=85%2C75&format=jpeg&auto=webp&fit=bounds&bg-color=fff ]


■プロジェクトの背景
日本を代表する総合重工業グループである株式会社IHI。同社の採用活動において、学生から「機械系の学生が進む企業」というイメージを持たれており、機械系以外の人材が集まりにくいという課題がありました。また、インターンシップの集客において、当時のWebサイトではインターンシップの魅力が伝わりにくく、操作性やタイパ(タイムパフォーマンス)という観点でも学生のニーズに応えられていないという思いがありました。
そこで弊社は、同社のインターンシップならではの魅力を伝え、学生の応募を後押しする「インターンシップ特設サイト」の制作を支援しました。

■プランニング
同社の「i-Safari 夢への冒険」というインターンシップのコンセプトには、「IHIは世界中の夢を実現する会社であること、だからこそこのインターンシップは学生自身が夢を見つけることができる機会であること」という思いが込められています。この思いを表現するため、「i-Safari」のロゴを制作。

サイト全体のコンテンツやデザインにおいても、「夢」に向かうワクワク感と、日々の生活から宇宙の領域までを支える無限のフィールドを表現することで、機械系以外の学生も幅広く活躍できることを伝えています。
また、技術系向けコース・事務系向けコースでそれぞれ入り口を設け、特に技術系向けコースでは「自分に合ったテーマ」を選択できる仕組みにより、タイパを重視する学生のニーズに応えます。同ページ内でスムーズに遷移する導線で離脱を防ぎ、豊富にある実習テーマ、そして多岐にわたる同社の事業を楽しみながら理解してもらえる設計としました。

■効果
2023年10月のリニューアル後、技術系向けコースでは機械系以外の学生の応募者全体に占める割合が5%増加。また、事務系向けコースでは応募者数が1.5倍に。
学生からは、「他のメーカー企業のインターンシップ特設サイトでは、募集要項等の必要最低限の情報しか載っていないことが多いが、IHIのサイトはデザイン性や“i-Safari 夢への冒険”というコンセプトもワクワクするもので、好印象だった。」という声も聞かれました。

弊社では、採用ブランディング支援の他、人材の定着(インナーブランディング)、社外への情報発信(コーポレートブランディング、サステナビリティブランディング)など全方位型のブランディング支援をしています。徹底した課題導出をもとに、戦略策定からクリエイティブ・顧客体験・理念浸透まで、“一気通貫で支援”する姿勢を大切にしております。


〈その他の企業さまの、ブランディング支援事例は以下よりご覧いただけます。〉
https://www.ageha.tv/works/

これからも、お客さまに伴走する“ブランド共創パートナー”としてブランディング支援に取り組んでまいります。


【会社概要】
会社名  :株式会社揚羽
市場   :東京証券取引所グロース市場(証券コード:9330)
資本金  :2億7899万円(2023年9月30日時点)
所在地  :〒104-0032 東京都中央区八丁堀2丁目12-7 ユニデンビル3F
設立   :2001年8月
代表者  :代表取締役社長 湊 剛宏
ミッション:一社でも多くの企業のブランディングに伴走し、日本のビジネスシーンを熱く楽しくする!
事業内容 :ブランディング支援全般
支援領域 :コーポレートブランディング
      パーパスブランディング
      サステナビリティブランディング
      採用ブランディング
      インナーブランディング
      アウターブランディング 
      製品・商品・サービスブランディング 等
ブランディングにおけるコンサルテーション、クリエイティブ、ソリューションまで一気通貫できるパートナーとしてご支援をしてまいります
URL   :https://www.ageha.tv/企業プレスリリース詳細へ : https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000142.000038921.htmlPR TIMESトップへ : https://prtimes.jp