BBHF(ビービーエイチエフ)は、元Galileo Galilei のソングライティングと歌を担当していた尾崎雄貴(Vo.&G.)がバンド解散後、ソロプロジェクトwarbearと並行して始動させたロックバンド。同じく元Galileo Galileiの尾崎和樹(Dr)、佐孝仁司(B)の2人に、彼らのサポート・ギタリストを務めていたDAIKI(G)を正式メンバーに加えて2018年に活動をスタートさせた。その不変性溢れる歌世界を中心に、バンドサウンドと海外トレンドサウンドとのシンパシーさ溢れる音楽性を、同居させたり、使い分けたりするその柔軟な音楽性も魅力な彼ら。2018年にはPOP ETC のクリスチュウをプロデューサーに迎え1stアルバム『Moon Boots』を発表し、全国ツアーも成功に収めてきた。そんなBBHFから待望の新作が届けられた。前作から約1年ぶり。6曲入りEP『Mirror Mirror』となる今作は配信限定リリース作品。よりDAW性の高いラップトップ的ニュアンスの強い楽曲が並んでいる。ウェーヴやバレアリックな要素も増え、よりトレンド路線へと向かった感がある今作。歌詞面での変化も特筆に値する。言葉のレトリックやその裏でテーマとして擁している何か。そしてこれまで以上に聴き手に歌詞が委ねられた感がある断片やメモ感の高い歌詞群は、繰り返し聴いているうちに所々打たれた点が線を結び、気づけば絵を導き出しているのも興味深い。極めて現代ならではの時代性を擁した今作。これまで不変的な音楽性を提示してきた彼らだけに、そこにはかなり意外性を抱いた。これには何かありそうだ……。そして話を訊いて様々なことが腑に落ちた。今作が何故このような端的な作品へと至ったのか?ソングライティングと今作制作のイニシアティブをとった尾崎雄貴に問う。


この記事の画像

「BBHF・尾崎雄貴が現代社会から得た新たな表現。新作EP『Mirror Mirror』が持つ意味とは?」の画像1 「BBHF・尾崎雄貴が現代社会から得た新たな表現。新作EP『Mirror Mirror』が持つ意味とは?」の画像2 「BBHF・尾崎雄貴が現代社会から得た新たな表現。新作EP『Mirror Mirror』が持つ意味とは?」の画像3 「BBHF・尾崎雄貴が現代社会から得た新たな表現。新作EP『Mirror Mirror』が持つ意味とは?」の画像4
「BBHF・尾崎雄貴が現代社会から得た新たな表現。新作EP『Mirror Mirror』が持つ意味とは?」の画像5