ウォルト・ディズニー・カンパニーが分配のため、取締役会の給与を削減|会長ボブ・アイガーは全額カットへ

ウォルト・ディズニー・カンパニーが分配のため、取締役会の給与を削減|会長ボブ・アイガーは全額カットへ
世界中で広く受け入れられているウォルト・ディズニー・カンパニーが、新型コロナウイルス感染症の影響を鑑み、取締役会の給与の削減を試みていることが明らかになった。

ウォルト・ディズニー・カンパニーの取締役会が給与を削減へ

情報によると、先日CEOから取締役会会長となったウォルト・ディズニー・カンパニーのボブ・アイガー氏は、今年1年間の給与を辞退し、また現CEOのボブ・チャペック氏は給与を50%削減するようだ。また、4月5日(日)より日本の部長クラスに当たる副社長などの幹部は20%の削減、上級副社長は25%、さらに代表取締役副社長については30%の給与削減を実施する予定だ。新型コロナウイルスの感染拡大防止を鑑み、世界中のディズニー・パーク、ならびに大ヒットが期待される『ムーラン』やディズニー/ピクサー作品の『2分の1の魔法』などの新作映画の公開延期を実施しているウォルト・ディズニー・カンパニーは、未曾有の経済的な悪影響を受けていることが伝えられている。また現CEOのチャペック氏は、今後さらに大きな悪影響が生じることも懸念している。現取締役会会長のアイガー氏は、CEOだった昨年時点で4,800万ドルの報酬を受け取っており、また現CEOのチャペック氏は先日の昇進にあたり、250万ドルの給与に加え、2,250万ドルの特別手当を受けている。削減された給与は4月18日(土)までの間、全世界の時間給従業員のために分配される予定だ。
ウォルト・ディズニー・カンパニーが分配のため、取締役会の給与を削減|会長ボブ・アイガーは全額カットへ
Photo via @starwarsmovies(Facebook)

Copyright (C) Qetic Inc. All rights reserved.

あわせて読みたい

Qeticの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「ディズニー」のニュース

次に読みたい関連記事「ディズニー」のニュースをもっと見る

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月31日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。