阪神・近本光司の記録更新が注いだ光。長嶋茂雄の偉大さと「記録の神様」

阪神・近本光司の記録更新が注いだ光。長嶋茂雄の偉大さと「記録の神様」

61年ぶりにリーグ新人記録を更新する159安打を放ち、36盗塁で盗塁王にも輝いた阪神タイガースのルーキー、近本光司。11月16日に発表された最優秀新人賞は、高卒2年目、36本塁打、96打点をマークした村上宗隆(東京ヤクルトスワローズ)に譲ったものの、その活躍は大きなインパクトを与えた。近本の記録更新とともに注目を浴びたのが、前記録保持者、長嶋茂雄氏の新人時代だった。「記録よりも記憶に残る」と言われた“ミスター”が残した記録と、長嶋の功績にも光を当てた“記録の神様”の知られざるエピソードとは?

(文=小林信也、写真=KyodoNews)

近本の記録更新で光が当たる「新人・長嶋」の偉業

今年9月、阪神のルーキー・近本光司が154本目の安打を打ち、新人年間最多安打記録を更新した。最終的に積み重ねた安打の数は159。近本選手の活躍をきっかけに、従来の記録保持者だった長嶋茂雄の偉大さに再び光が当たった。

近本は136試合目に記録を更新したが、長嶋が新人だった1958年には130試合しかなかった。日本記録は引退後『プロ野球ニュース』のキャスターとして人気を博した佐々木信也(高橋ユニオンズ)の180安打。佐々木の記録が生まれた1956年は154試合が行われている。3位の笠原和夫(南海ホークス)は1948年に140試合で160安打、3位は2年前の源田壮亮(埼玉西武ライオンズ)で、143試合で155安打を打っている。いずれの記録も優劣は付けにくいが、長嶋の記録の中身の濃さは、他の観点からも絶賛できる。


あわせて読みたい

REAL SPORTSの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年11月29日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。